A・O・R

A・O・R

パーソナリティ


ユキ・ラインハート

「仕事帰りの車の中で“お気に入りのコンピレーションCD”を聴く感覚で楽しみ、一日の疲れをクールダウンする番組。選曲は音楽ジャンルとしてではないアダルト・コンテンポラリー・サウンド、“AAA(トリプル・エー)”にこだわります。また、20時台はジャンルに特化。ロック、ジャズ&ボーカル、日本の歌謡史、ワールドミュージックを特集します!」

過去の放送(radikoタイムフリー)

または

今夜のJAZZ&VOCAL NIGHTは"行方均選ジャズ100年の100曲" 第2弾でした!

2020/9/8 (火)20:50
Today's Topic



今夜のJazz& Vocal Nightは、
行方さんが番組スタート時から2017年5月までご紹介していた『JAZZ 100年の100曲』。
https://park.gsj.mobi/news/show/69680

これは、2017年にジャズ誕生100周年を迎える当時(2014年)3年かけてJAZZの代表曲100曲を勝手に選曲していこう、という企画でした。

結局、96曲の未完で終わってしまいましたが、今夜はその第2弾です!本日はそのリストからモダンジャズをご紹介。
題して"名演なくして名曲ナシ"。


まず、1曲目はチャーリー・パーカーの「ヤードバーズ組曲」。
トランペットの演奏はマイルス・デイヴィスです。

2曲目はそのマイルス・デイヴィス。
ハードバップの最初期を飾るアルバム『ウォーキン』の1曲目「ウォーキン」。
50年代前半の彼の作品を代表する3管セクステットです。

3曲目はクリフォード・ブラウンとマックス・ローチ。
トランぺッターの新星を迎えてローチが結成した双頭クインテットの傑作『クリフォード・ブラウン&マックス・ローチ』収録。
曲は「ジョイ・スプリング」でした。

4曲目はソニー・ロリンズ。
サックスの巨人の傑作『サキソフォン・コロッサス』に収録されている「セント・トーマス」をお届けしました。

5曲目はリー・モーガン。
先ほど聞いていただいた夭折のトランぺッター、クリフォード・ブラウンを偲ぶ名演「クリフォードの思い出」でした。

6曲目はビル・エヴァンス。
姪にプレゼントしたというジャズを代表するピアノ曲「ワルツ・フォー・デビー」を聞いていただきました。

最後は究極のアドリブ、フリー・ジャズのオーネット・コールマン。
全世界の賞賛を浴びたストックホルムのライブ録音から「ヨーロピアン・エコーズ」でした。
(★写真:収録アルバム『ゴールデン・サークルのオーネット・コールマン Vol. 1 』ユニバーサル ミュージック UCCQ-9472)


来週は生前の行方さんプロデュース作品集をご紹介いたします。
お楽しみに(^^♪
スマホで楽しめる AuDee(オーディー)アプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • RADIO BERRY
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • FM AICHI
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM大阪
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン