「坂崎さんの番組」という番組

「坂崎さんの番組」という番組

パーソナリティ


坂崎幸之助

THE ALFEEの坂崎幸之助がパーソナリティ。メインとなる音楽コーナーでは様々な音楽ジャンルの“通”である彼が毎回テーマに沿った音楽特集を届ける。また、幅広い交友関係からゲストを招くこともある。

過去の放送(radikoタイムフリー)

または

PROGRAM NO.2015-0037 9/10~9/14

2015/9/15 (火)10:56



『坂番洋楽データファイル』 第107回


坂崎さんは最近、炭酸水にコッてるようです。


デヴィッドさんが今回でやっと終了しましたね。
ビートルズの「ビ」まではまだまだ長い道のりです。
のんびり行きましょうかね。
みんなで一緒に洋楽をお勉強しましょう。




『坂番洋楽データファイル(略してSYDF)』 第107回

今回は「テ」で始まるアーティスト特集の10回目!

ラインナップは・・・



『デヴィッド・リー・ロス(David Lee Roth)』

★1954年10月10日、アメリカ・インディアナ州ブルーミントン生まれ。
  1973年、同じ大学の人気バンド「マンモス」のアレックスとエディのヴァン・ヘイレン兄弟に誘われ参加。
  それと同時にバンド名も「ヴァン・ヘイレン」に改名。
  1978年、キンクスの「ユー・リアリー・ガット・ミー」のカヴァーでデビュー。次々にヒットを放ちます。
  特に1984年リリースの6枚目のアルバム『1984』はシングル「ジャンプ」と共に大ヒット。
  そして1985年1月、デヴィッド・リー・ロスはソロ名義で4曲入りEP『クレイジー・フロム・ザ・ヒート』を発表。
  ビーチ・ボーイズの曲をカヴァー、ソロデビューシングルとしてリリース。
 当時の「ヴァン・ヘイレン」人気も相まって大ヒットしました。

 ♪カリフォルニア・ガールズ(California Girls)
  *全米3位まで上昇。
  *バックコーラスには本家「ビーチ・ボーイズ」のカール・ウィルソンと
    ミスター・フラミンゴこと、クリストファー・クロスが参加。


★この後、デヴィッド・リー・ロスは1985年4月に「ヴァン・ヘイレン」を脱退。
 そして1986年、ギター:スティーヴ・ヴァイ、ベース:ビリー・シーン、
 ドラム:グレッグ・ビソネットという超バカテクミュージシャンを迎え、
 ソロ第1弾アルバム『イート・エム・アンド・スマイル』をリリース。
 そして1988年、2枚目のアルバム『スカイスクレイパー』を発表。
 ここからの1stシングルは「ヴァン・ヘイレン」時代のナンバーを彷彿させるキャッチーなもので見事にヒット!

 ♪まるっきりパラダイス(Just Like Paradise)
  *1988年、全米6位まで上昇。



★その後、次第に人気も下降線の一途をたどり低迷。
 しかし「ヴァン・ヘイレン」2代目ボーカリスト:サミー・ヘイガーの脱退でグループに復帰したり、また抜けたり…。
 さらには、サミー・ヘイガーと一緒に「サム&デイヴツアー」を行なったり、
 またまた「ヴァン・ヘイレン」に戻ったりしています。




『デオダート(Deodato)』

★1942年6月22日、ブラジル・リオ・デ・ジャネイロ生まれ(73歳)本名「エウミール・デオダート」。
  1960年代中頃からアレンジャーとして「フランク・シナトラ」や「アレサ・フランクリン」
  「アントニオ・カルロス・ジョビン」や「ミルトン・ナシメント」などのアルバム制作に携わります。
  そして1970年代に入り、まだクロスオーヴァー、フュージョンという言葉も無かった時代に
  クラシック作品をジャズテイストにアレンジした注目され、その記念すべき最初の作品は大ヒットを記録しています。

 ♪ツァラトゥストラはかく語りき(Also Sprach Zarathustra)
  *1973年、全米シングルチャート2位を記録。
  *リヒャルト・シュトラウスが1896年に作曲したもので映画『2001年宇宙の旅』で使われたことでもおなじみ。
  *1974年グラミー賞で最優秀ポップ・インストゥルメンタル賞を受賞。

 


『テクノトロニック(Technotronic)』

★1988年 ベルギーのハウスミュージックを制作するスタジオで結成されたプロジェクト。
 当時、大流行だったハウスミュージックを次々に発表。
 1989年、その最初のヒット曲が本国ベルギーをはじめヨーロッパ全土で大ヒット。
 その勢いで1989年暮れに全米でもリリースされ、翌1990年には全米2位を記録する大ヒットとなっています。

 ♪今夜はパンプアップ(Pump Up The Jam)




『デスティニーズ・チャイルド(Destiny's Child)』

★1990年、アメリカ・テキサス州ヒューストンで、ビヨンセを中心に結成されたガールズグループ。
  最初は4人のメンバーで「ガールズ・タイム」として地元のライヴハウスなどを中心に活動をスタート。
  そして1992年、CBSのスター発掘番組『スター・サーチ』にエントリー、
  見事優勝したものの、すぐに芽は出ず。
  そこでビヨンセの父親マシュー・ノールズが娘たちの夢をかなえるため、
  それまで務めていた大企業を退職、マネージメントオフィスを設立。グループ名もマシューの発案で、
  聖書から引用した「デスティニーズ・チャイルド」(Destiny's Child=運命の子)と改名。
  1997年、映画『メン・イン・ブラック』の挿入歌で注目され、
  翌1998年 デビューシングル「ノー、ノー、ノー パート2」が大ヒット(全米3位)。
  1999年、2ndアルバム『ライティング・オン・ザ・ウォール』からの第1弾シングルは
  彼女たちにとって、初の全米ナンバーワンをもたらしました。

 ♪ビルズ・ビルズ・ビルズ(Bills,Bills,Bills)


★グループが売れてくると出てくるのはギャラや待遇面でのメンバーの不満。
  表面的には人気絶頂でも、メンバー内の確執は大きくなるばかり。
  そこで、ビヨンセの実の父親で事務所の社長マシューは、不満をもらす2人を一刀両断、脱退させます。
  そのタイミングでの新曲のビデオには、脱退させた2人やファンも知らない新メンバー2人も出演していました。

 ♪セイ・マイ・ネーム(Say My Name)
  *2000年、全米1位(2曲目のナンバーワン)。


★2000年に新メンバーになった2人。その内の1人は頻繁に遅刻したり無断欠勤を繰り返したため、すぐに解雇。
  メンバーはオリジナルの「ビヨンセ」と「ケリー・ローランド」、そして新メンバーの「ミシェル・ウィリアムズ」の3人組となります。
  この3人組となって最初の全米1位となった曲がこちら。

 ♪インディペンデント・ウィメン パート1 (Independent Women Part1)
  *2000年、全米1位。映画『チャーリーズ・エンジェル』の主題歌。


★2005年、人気絶頂の中グループは解散を発表。それぞれソロ活動に入ります。
  その後2006年&2013年のスポーツイベントで一日限定の再結成を果たしています。 



次回「坂崎さんの番組」という番組

『坂崎音楽堂』 ハリウッド・ヴァンパイアーズのデビューアルバムを特集







スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン