A・O・R

A・O・R

パーソナリティ


ユキ・ラインハート

「仕事帰りの車の中で“お気に入りのコンピレーションCD”を聴く感覚で楽しみ、一日の疲れをクールダウンする番組。選曲は音楽ジャンルとしてではないアダルト・コンテンポラリー・サウンド、“AAA(トリプル・エー)”にこだわります。また、20時台はジャンルに特化。ロック、ジャズ&ボーカル、日本の歌謡史、ワールドミュージックを特集します!」

過去の放送(radikoタイムフリー)

または

20時台 JAZZ&VOCAL NIGHTは『ジャズ批評』最新号(ハービー・ハンコック)特集です~。

2020/7/7 (火)20:49
Today's Topic



今夜のJazz & Vocal Nightは隔月発売の『ジャズ批評』の特集です。

最新号では今年生誕80年を迎えたハービー・ハンコックを取りあげています。

まず、1曲目はハービー、若干22歳で初リーダー作となった『テイキン・オフ』から。
スイカ売りへの掛け声「Hey,watermelon man!!」がモチーフとなった「ウォーターメロン・マン」

2曲目は楽器の美しさを際立たせたハービーの作曲力がわかる1曲「スピーク・ライク・ア・チャイルド」でした。

3曲目はハービーがビートルズやニルヴァーナなどの人気ポップ曲をジャズ化し収録したアルバム『ザ・ニュー・スタンダード』から。
彼のアレンジャー技量が伺える「ノルウェーの森」をお届けしました。

4曲目はアルバム『ガーシュウィン・ワールド』から。
スティービー・ワンダーをフィーチャーしたブルースの父W.C.ハンディ作「セント・ルイス・ブルース」でした。
(★写真:収録アルバム『ガーシュウィン・ワールド』UCCU-5569 ユニバーサル ミュージック)

ここからは新譜をメインでご紹介いたしました。
まずは行方さん最後のプロデュース作品、CHIKOの『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』から。
アフリカ語で天使を意味する「マライカ」をお届けしました。

続いて、エリ・デジブリというテナー・サックス奏者。
ハンク・モブレーの『ソウル・ステーション』をオマージュして制作したアルバム、その名も『ソウル・ステーション』から。
「ディス・アイ・ディグ・オブ・ユー」でした。

最後はNYを中心に活躍しているテナー・サックス奏者、ウェイン・エスコフェリー。
日本ではまだそれほど知名度はありませんが、躍動感のあるソロが魅力です。
アルバム『ザ・ハンブル・ウォリアー』から同名曲を聞いていただきました。


来週は7/17が命日となるジョン・コルトレーンの特集です。
お楽しみに(^^♪
スマホで楽しめる AuDee(オーディー)アプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • RADIO BERRY
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • FM AICHI
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM大阪
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン

;