「坂崎さんの番組」という番組

「坂崎さんの番組」という番組

パーソナリティ


坂崎幸之助

THE ALFEEの坂崎幸之助がパーソナリティ。メインとなる音楽コーナーでは様々な音楽ジャンルの“通”である彼が毎回テーマに沿った音楽特集を届ける。また、幅広い交友関係からゲストを招くこともある。

過去の放送(radikoタイムフリー)

または

PROGRAM NO.2013-048 11/28~12/2

2013/12/3 (火)10:29



『坂番洋楽データファイル (略してSYDF)』第82回


スティーヴン・スティルさんには
本当に憧れてコピーさせていただきました。
オープンチューニングやチョーキングビブラート等々。
よく練習したなあ。
スティーリー・ダンは、もっとキチンとCD聴いてみよう。
才能あるユニットですからねぇ。
勉強、勉強。


『坂番洋楽データファイル(略してSYDF)』 第82回

今回は「ス」で始まるアーティストの7回目。
         
『スティーヴン・スティルス(Stephen Stills)』
★1945年 1月3日生まれ
  アメリカ・テキサス州ダラス出身のシンガーソングライターでギタリスト。
  10代の終わりに音楽の道に進むことを決意し大学を辞め、数々のバンドに参加。
  まだイーグルスに加入する前のドン・フェルダーとバンドを組んだり、
  ザ・モンキーズのオーディションなどを受けたりもしていました。

  1966年、リッチー・フューレイとニール・ヤングと共に
  バッファロー・スプリングフィールドを結成し3枚のアルバムを発表。
  バッファロー・スプリングフィールド解散とほぼ同時に
  マイク・ブルームフィールドやアル・クーパーと組み  アルバム『スーパーセッション』を発表。
 
 1969年、ジョニ・ミッチェルの家で出会ったバーズの
  デヴィッド・クロスビーとホリーズのグラハム・ナッシュと共に
  【クロスビー、スティルス&ナッシュ】を結成、
  アルバム『クロスビー、スティルス&ナッシュ』をリリース。
  その後、バッファロー・スプリングフィールドで一緒だったニール・ヤングが加わり
  【クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング】としてアルバム『デジャ・ヴ』等を発表。
  スティルスは、グループ活動と平行して
  1970年、初のソロアルバム『スティーヴン・スティルス』をリリース。
   ♪愛への讃歌(Love The One You're With)
    *アルバム『スティーヴン・スティルス』から
    *1971年、全米14位まで上昇。
    *コーラスに、リタ・クーリッジ、クロスビー&ナッシュ、
      ジョン・セバッシャンが参加。

★1stソロアルバムには【CSN&Y】のメンバーをはじめ、
  エリック・クラプトン、ジミ・ヘンドリックス、リンゴ・スターといった
  豪華なゲストも参加。
  1971年、2ndソロアルバム『スティーヴン・スティルス2』をリリース。
  この中から【CSN&Y】結成前に書いた曲「チェンジ・パートナーズ」
  (全米43位)に続いて、この曲↓↓がシングルカット。
   ♪メリーアン(Marianne)
    *1971年、全米42位を記録。

★その後、スティルスは元バーズのクリス・ヒルマンと
  【マナサス】を結成したり、クロスビーやナッシュと共に
  【CS&N】を再結成したりと現在も精力的に活動を続けています。

『スティーリー・ダン(Steely Dan)』
★1972年、アメリカ・カリフォルニア州ロスアンゼルスで結成された
  ジャズ・ロック・グループ。
  大学で知り合った、ドナルド・フェイゲンとウォルター・ベッカーが
  ソングライターとして活動をスタート。
  2人で作ったデモテープがレコード会社に認められ、
  デビューが決まりロサンゼルスに移住。
  そこで、ジェフ・バクスターなどの知り合いのミュージシャン達を
  呼び寄せ【スティーリー・ダン】結成。
   ♪ドゥ・イット・アゲイン(Do It Again)
    *1972年発表のデビューアルバム『キャント・バイ・ア・スリル』から。
    *73年、全米6位まで上昇。

★ドナルド・フェイゲンとウォルター・ベッカーは、
  LIVEよりも曲作りとスタジオでのレコーディング中心の活動を希望。
  レコーディングでは、曲ごとに、“名うて”のスタジオミュージシャンを
  起用し、他のメンバーとの溝が深まっていきます。
   ♪リキの電話番号(Rikki Don't Lose That Number)
    *1974年発表の3rdアルバム『プレッツェル・ロジック』から。  
    *1974年、全米4位。
    *バックコーラスには、ティモシー・B・シュミットが参加。

★この後、【スティーリー・ダン】は、ドナルド・フェイゲンと
  ウォルター・ベッカーの2人のユニットとなり、曲ごとに最高の
  スタジオミュージシャンを起用するように。
  そんな集大成的な名盤が、1977年に発表された『彩(エイジャ)』。
   ♪ペグ(Peg)
    *当時、まだ無名ギタリスト:ジェイ・グレイドンをギターソロで
      採用。
    *1978年、全米11位まで上昇。
    *バックコーラスにはマイケル・マクドナルドが参加。
    *アルバム『彩(エイジャ)』は、全米3位を記録、
      初のプラチナアルバムとなり、
      1978年グラミー賞で「最優秀録音賞」を受賞。
   ♪ヘイ・ナインティーン(Hey Nineteen)
    *約1億円の制作費を投じ作られた1980年発表のアルバム
      『ガウチョ』から。
    *1981年、全米10位を記録。

★『ガウチョ』をリリース後【スティーリー・ダン】は活動停止。
  2人はソロ活動をスタート。しかし2000年にグループは再結成し
  アルバム『トゥー・アゲインスト・ネイチャー』を発表。
   ♪カズン・デュプリー(Cousin Dupree)
    *2000年、全米アダルトコンテンポラリーチャート30位。
    *この曲で、翌年のグラミー賞「最優秀ポップグループ賞」を
      受賞。
    *アルバム『トゥー・アゲインスト・ネイチャー』は、
      グラミー賞「最優秀アルバム賞」
      「最優秀ポップボーカルアルバム賞」「最優秀録音賞」を受賞。
   ♪ブルース・ビーチ(Blues Beach)
    *2003年発表のアルバム『エヴリシング・マスト・ゴー』から。


次回 「坂崎さんの番組」という番組
ゲスト:Qoo Bee Littleさん







スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン