ON THE PLANET NY Future Lab

ON THE PLANET NY Future Lab

パーソナリティ


綿谷エリナ

シェリーめぐみ

これからの時代の主役となる「Z世代」と「ミレニアル世代」にフォーカスし、アメリカの若者たちが普段何を考え、何に影響を受け、どうした性質や特徴があるのかなどについて、ミレニアル世代評論家のシェリーめぐみが座談会形式で彼ら、彼女らの本音を引き出していきます。

過去の放送(radikoタイムフリー)

または

 番組にメール

 トークルーム

 記事一覧

 音声一覧

Z世代特番 グラフィックレコーディング
アンケート実施中!

特別番組 『ON THE PLANET Special DISCOVER GENERATION “Z”』アンケート

9月25日(水)25時〜28時
「Z世代」の内側にフォーカスしたスペシャル番組!
そこでアンケート!
音楽の聴き方が多様になっています。
今、あなたは何で音楽を聴きますか?
全ての世代の方にお聞きします!
ぜひ参加してください!

投票期間は終了しました。

投票結果を見る

アンケート一覧へ

☆NYでは男同士でもバレンタインチョコをあげる!? 2/12 NY Future Lab

2020/2/14 (金)15:25
 



これからの時代の主役となる「Z世代(10代~22歳)」と「ミレニアル世代(23歳~38歳)」にフォーカス。アメリカの若者たちが普段何を考え、何に影響を受け、どうした性質や特徴があるのか、さらにグローバルビジネスや海外進出企業も知りたいこれからの消費動向について、ミレニアル・Z世代評論家のシェリーめぐみが座談会形式で彼ら、彼女らの本音を引き出していく。




☆NY Future Lab PRESIDENT Online連載はこちらからチェック!
https://president.jp/articles/-/32486


☆今回の記事の音声はコチラから聞けます!https://park.gsj.mobi/voice/show/17130

今月のテーマは《恋愛》
今週はZ&ミレニアル世代に
【NYのバレンタインデー】
について聞いてみました!


<本記事を要約すると…>
●NYの高校生は男女問わずチョコをあげる。かといって、デートとかはあまりしない。
●バレンタインデーに、男の子が女の子にあげることもあるし、男女問わずチョコをあげることも。
●大人になると、男性がバレンタインデーに食事デートに誘ったり、ばらの花束をあげたりする。
この日にデートに誘われるとかなり真剣なお付き合いだということ。
●ミレニアル世代はモノより経験(”Experience Economy”)を重んじる傾向にある。


■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━

綿谷エリナ:綿谷エリナのOn The Planet。この時間は「NY Future Labミレニアル・Z世代研究所」です。


シェリー:ニューヨークのミレニアル世代とZ世代が気になっている話題をみんなでおしゃべりするNY Future Lab、今週登場してくれるのは?

シェリー:ニューヨークのミレニアル世代・Z世代と一緒に未来を考えるNY Future Lab。今日参加してくれるのは?

ミクア:ミクアです

キサラ:キサラです

ケンジュ:ケンジュです

テツ:テツです

4人:Welcome to NY Future Lab 2020 !!!!!!!!!!





綿谷エリナ: 今週もニューヨーク在住のジャーナリストでZ世代とミレニアル世代評論家・シェリーめぐみさんと電話が繋がっています、もしもしシェリーさん。

シェリー: エリーさん! 今週もよろしくお願いします!

綿谷エリナ: さて、今日のテーマはバレンタインデーですね。

シェリー:はい、今月はバレンタインデーもあるので、ミレニアル&Z世代が恋愛についてどう考えているかなども聞いていこうと思っています。

ただ、今日はまずアメリカと日本のバレンタインデーを比べてみます。

ちょっと日本と違うかな?という部分あると思いますが、
まず若い方の3人、10代のミクア、キサラと、20歳のケンジュに聞いて見ました。

綿谷エリナ:はい!

キサラ:ニューヨークではValentine’s dayは、高校、中学、男の子と女の子と美味しい食べ物とか、ハートの・・・

シェリー:チョコレート?

キサラ: チョコレートもあるし、KISSのチョコレートとか、スイートなもの、好きなものをあげる、自分の気持ちを見せる。

シェリー:男の子が女の子にあげることもあれば、、、

キサラ:女の子も男の子にあげることもある。

シェリー:キサラもあげた?

キサラ:私はあげたことないけれど、もらったことある。全然興味ない人から(笑)

シェリー:興味ない人からもらったの?そういう時はどうするの?

キサラ:その時は、自分の気持ちも、ありがとうと言って、それで。

シェリー:そうか、その子ちょっと残念だったね。ミクアちゃんは?

ミクア:ニューヨークのバレンタインは、普通は学校だったら、みんないろんなお菓子とかキャンディー、カップケーキ、お花とか好きな人にあげて、Happy Valentineと言って、それで終わり。

シェリー:あ、それで終わりなの!?デートしたりしないの?

ミクア:やる人もいるけど、普通はそんなにでっかいものじゃない、まあ若いからね。

シェリー:そうだよね、まだ中学や高校だもんね。ミクアちゃんはあげたことあるの?

ミクア:あげたことない、もらったこともない。

シェリー:ケンジュにも聞いてみよう

ケンジュ:だいたい俺も同じだと思う。友達同士とか。

シェリー:友達同士でも交換するの?

ケンジュ:うん、友達同士とかほとんどだけど学校だと思うよ。学校の外だと多分カップルだけ。学校だと・・・

シェリー:待って、男の子も男の子同士であげたりもするの?

ケンジュ:うん、男の子で女の友達にも、男の友達でも、みんなあげてる。

綿谷エリナ:へー!

シェリー:なんかいいよね~楽しそうでしょ?アメリカの中学高校のバレンタインデー。

綿谷エリナ:カジュアルなんですね!男の子、女の子、あげたいひとにあげるんですね。

シェリー:それだけでなく、気軽に友達同士で、男が男にあげることもある。だけど、だいたいそれで終わり。日本も同じ感じかな?

綿谷エリナ:友チョコだとそんな感じかもしれないですけど、男の子同士っていうのは無いんじゃないかな?女の子が主導のイベントのような気がします。

シェリー:中高生だとこんな感じだけど、これが大人になるとガラリと変わってきます。これがまた面白い!今度は、26歳ミレニアル世代、ガールフレンドありのテツに聞いて見ました。

テツ:ガールフレンドがいるとexpectation?

シェリー:お互いに期待する?

テツ:ガールフレンドが期待します。何かもらうのを。

シェリー:そうすると何をあげるの?

テツ:良いデートとか、ディナーデート。

シェリー:素敵なレストランに連れて行くのね

テツ:ちょっとロマンティックな、そしてジュエリー、イヤリングとか。

シェリー:普通は大人になると、カップルの日なんだよね?バレンタインデーは。だいたい男があげるの?

テツ:アメリカはだいたい、男があげます。そしてガールフレンドがないと、バレンタインデーは意味ない。

シェリー:関係ないんだ。

テツ:関係ないです!

シェリー:カップルじゃないけど、好きな人にあげるというのは中学や高校で終わり?

テツ:うーん、あげてもいいと思うけど、もうちょっとシリアス?

シェリー:何かをあげるということは、そのカップルがちゃんと付き合っているということ。

テツ:そうですね、はい。

シェリー:その時にプレゼントをあげないと、

テツ:怒ります。

シェリー:怒るのか(笑)

テツ:すごく怒ります。ダメですそれは。

シェリー:怒られたことある?

テツ:・・・ないです。



綿谷エリナ:(笑)怒られたことないんだ!さすがちゃんとやってる(笑)
まあ大人のバレンタインデーは日本でもカップルイベントですよね。

シェリー:そうですね!アメリカの大人の バレンタインデーは真剣に付き合っている男女の日。男が女を誘ってロマンチックなレストランで食事が定番。テツは彼女にジュエリーをあげると言ってたけど、プレゼントも大事。アメリカでは、真っ赤なバラの花束 1ダース(a dozen of red roses )が定番でこの日は花束がすごい値上がりですよ。
ニューヨークのGodivaなどチョコレートショップでは若者から年配まであらゆる男性が行列。花束を抱えた男が街中で見られる日で、自分に関係なくてもこれはなかなかラブリー。

綿谷エリナ:花束抱えてる男性ってつい応援したくなりますよね!

シェリー:ね!ちなみにテツの世代ミレニアル世代は、バレンタインデーにもよりイベント性を求める。やっぱり「モノよりも経験」というエクスペリエンス・エコノミー。
NYでは色々なイベントもあって、ロマンチックなR&Bのコンサートとか、
プラネタリウムで満天の星の下のシャンペンで乾杯!とか、
そして、この日にプロポーズする人もとても多い。

綿谷エリナ:そうなんですか!!?

シェリー:だからこの日にデートに誘われると、プロポーズを期待する女性も多い。そこまで行かなくても、かなり真剣なお付き合いだということ。だから男性はとても緊張しますよ。

綿谷エリナ:あ、じゃあバレンタインにデートに誘うということは相当本気だよってことなんですね。

シェリー:そうなんです。逆に「誘わないと本気じゃない」ってことになっちゃうのでその辺が難しい。さらに、ミレニアル世代は、前の世代よりもバレンタインデーに4割近くよけいにお金を使うらしい・・・一人当たりおよそ2万円(基本男性が払う)。アメリカでも意外と保守的な部分があるんですよね。

綿谷エリナ:日本ではホワイトデーがありますけど、アメリカにはホワイトデーがないですものね。

シェリー:そう。そしてそんなカップルたちを照らすNYのランドマークがエンパイアステートビル。この夜のライトアップは、もちろん真っ赤なハートの色で、それが心臓の鼓動のように点滅して、なかなかいい感じですよ。

綿谷エリナ:それくらいアメリカではカップルにとって一大イベントなんですね。 さてNY Future Lab、来週はどんなお話ですか?

シェリー: 来週はミレニアル&Z世代の恋愛観、出会いアプリのことなんかも聞いてみたいと思います。

綿谷エリナ:おー!Tinderとかですね。楽しみです!シェリーさんありがとうございました、NY Future Lab、来週もお楽しみに。


☆シェリーめぐみさんのプレジデントの記事はこちらから是非チェックしてください☆
https://president.jp/articles/-/32486
スマホで楽しめる AuDee(オーディー)アプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • RADIO BERRY
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • FM AICHI
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM大阪
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン