Jazz Reminiscence

Jazz Reminiscence

パーソナリティ


山中千尋

「もっと気軽に、おしゃれに、日常的にJazzを…」この番組では、歴史をくぐり抜けてきた往年の名盤から、今をリードする新進気鋭の新作まで、 わかりやすい解説と、(ちょっと話したくなるような)Jazzにまつわるうんちく・こぼれ話と共に、Jazzの魅力に迫っていきます。 ナヴィゲーターは、昨年(2011年)音楽活動10周年を迎え、国内外問わず縦横無尽に活動を続ける、Jazzピアニストの山中千尋。

過去の放送(radikoタイムフリー)

または

キャノンボール・アダレイ特集!

2020/1/7 (火)22:00
Reminiscence Vol.366


今回はキャノンボール・アダレイ・クインテットの「キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴ」。いわゆるマイルス・デイヴィスのグループから御大が抜けた編成で、ボスのいない分、リラックスした演奏が聴ける名盤をレミニセンス。

<キャノンボール・アダレイ プロフィール>
1928年フロリダ州タンパ生まれのアルト・サックス奏者、
1957年にマイルス・デイヴィス・グループに加わり名盤『サムシンエルス』を録音。その後、弟のナット・アダレイらと自己のクインテット、セクステットを結成し、「マーシー・マーシー・マーシー」「ワーク・ソング」などヒット・ソングを生みました。ファンキー・ジャズの代表選手的な存在として知られています。

千尋曰く!
「このアルバムでは普段よりもキャノンボールはコルトレーン寄りの演奏してるし、コルトレーンはキャノンボール寄りの演奏していて面白い。ウィントン・ケリーもバド・パウエルのような演奏していて、ボスのマイルスがいないレコーディングで皆が緊張感から解放されて楽し気に演奏してるのが伝わってきますね」

♪オンエアリスト♪
Limehouse Blues 
Grand Central
Wabash
アラバマに星落ちて
スマホで楽しめる AuDee(オーディー)アプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • RADIO BERRY
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • FM AICHI
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM大阪
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン