西村由紀江のSMILE WIND

西村由紀江のSMILE WIND

パーソナリティ


西村由紀江

西村由紀江が、心に響くメロディとともに、東北の人たちや被災地に
ホッとするひとときをお届けし、音楽を通じて、コミュニティや人々の声の大切さを
少しでも感じていただければ幸いです。

過去の放送(radikoタイムフリー)

または

2019年12月14日

2019/12/15 (日)17:00
西村由紀江のSmile wind

先日、映画『蜜蜂と遠雷』を観ました。

『蜜蜂と遠雷』は、史上初、直木賞と本屋大賞をW受賞した
恩田陸さんの長編小説。

小説も読みましたが、相当、読み応えがありました!

ピアニストとして共感する部分が多く、
途中で読み進めなくなるほどドキドキしながら読みました。

内容は、国際ピアノコンクールを舞台に、
世界を目指す若き4人のピアニストたちの挑戦、才能、運命、
そして成長を描いた物語。

コンクールにまつわる逸話や出演者の気持ちが
繊細に表現されている素晴らしい映画でした。

機会があれば、ぜひ、ご鸞になってみてください。
https://mitsubachi-enrai-movie.jp/

で、今日は、映画の話題ではありません。
『蜜蜂と遠雷』の題材になっているコンクールについてです。

年間、全国展開で開催されているピアノコンクールは、およそ30.
全国各地、地域ごとに介されているピアノコンクールを加えると、
膨大な数になります。

予選を数回、そして本選と進むなど、日程も長期に渡ることもあります。

『蜜蜂と遠雷』でも、予備予選、一次予選、二次予選、三次予選、
そして本選と、物語が進んでいきました。
演奏する曲も、課題曲、新曲課題、即興演奏、
そして、オーケストラの協奏曲と多岐にわたります。

当然ですが、それぞれの課題に対応していかなければいけないので、
集中力を保つことが必要となってきます。

世界に目を向けると、それこそ星の数ほどピアノコンクールがあります。

中でも、世界三大コンクールと言われているのが、
『ショパン国際ピアノコンクール』『チャイコフスキー国際コンクール』
『エリザベート王妃国際音楽コンクール』

現在も続く国際音楽コンクールの中では、
『ショパン国際ピアノコンクール』が最古のもので、
世界を目指すピアニストの登竜門となっています。

1927年に第1回が開催されて以来、
5年に1度、ショパンの故郷ワルシャワで行われます。

課題曲はショパンの作品のみで、エチュード、ソナタ、幻想曲、ワルツ、
ノクターン、協奏曲など多岐にわたっています。

開催は、ショパンの命日、10月17日の前後3週間。

来年、2020年には、
その5年に1度の『ショパン国際ピアノコンクール』が開催されます。

日程は、事前審査が、2020年4月17日~28日
コンクール本大会が、2020年10月2日~23日

一次審査 2020年10月3日~7日
二次審査 2020年10月9日~12日
三次審査 2020年10月14日~16日
ファイナル 2020年10月18日~20日
2020年10月21日~23日には、受賞者コンサートを開催予定。

コンクールは「ピアノ部門」のみで、
参加資格は、「1990年から2004年生まれの方」となっています。
(平成2年生まれの29歳、平成16年生まれの16歳)

前回、2015年の時の応募者総数は455名。日本からも10数名が参加。
本大会に出場できるのは、このうち、わずか80名という狭き門!

5年に1度って、オリンピックの開催サイクルより長く
16歳から30歳までの14年間しかチャンスがないんです。

曲の長さは40分ぐらいで、
演奏する方も大変ですが、審査員も体力勝負。

また、ピアノの調律師さんも、毎日のコンクールに同席、
終わってから夜中に調律を行うため、こちらも体力勝負。

私が初めてコンクールに初めて出たのは8歳の時で、
ヤマハのコンクール全国大会で特別優秀賞を受賞しました。

8歳での受賞は当時最年少だったんですが、
実は、あまり実感がなかったんです。

なぜかというと、賞を貰った人は次の年に国際親善で海外に行けるという
ご褒美があるというので参加した?

今思うと、特別優秀賞の意味がわかっていなかったのかもしれません。

また、最近のニュースでは、
11月8日、スイスの「ジュネーブ国際音楽コンクール」の作曲部門で、
高木日向子さんが優勝。
作曲部門で日本人が優勝したのは2015年以来、2回目。

そして、11月16日、
フランスの「ロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクール」のピアノ部門で、
三浦謙司さんが優勝、
務川慧悟さんが2位入賞
日本人ピアニストの優勝は、2007年以来12年ぶり6人目。
日本人が1位と2位を独占したのは初めて。
という話題がありました。

どちらも、若手音楽家の登竜門として知られている
海外のコンクールで、賞を獲るのは凄いことですね。



番組では、あなたからのメッセージをお待ちしています。

メールの方は、番組ホームページから!
ハガキの方は、今お聞きの放送局『西村由紀江のSMILE WIND』 まで。


「家族や仲間の話」、「嬉しかったこと」「失敗をしちゃったこと」など、
どんな出来事でも構いません。「あなたの身近にあるエピソード」を教えてください。
ピアノの生演奏と共にご紹介をさせていただきます。
あなたの聞きたい曲もリクエストして下さい。エピソードと一緒にご紹介します。

被災地にピアノを届ける活動「スマイルピアノ500」では、震災でピアノを失った方、またピアノを譲って下さる方からのご連絡をお待ちしています。
番組、または、私、西村由紀江のホームページまでご連絡ください。

お待ちしています!
http://www.nishimura-yukie.com

あなたにとって、笑顔の風が吹く1週間でありますように……。
スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • FM AICHI
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM大阪
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン