アスリートママ

アスリートママ

オリンピック選手を目指す子どもに「どうしたら勝てるのか?」と聞かれたら、どう答えたらいいでしょう?
優秀なアスリートを陰で支える、重要なパートナーは、ママ(&パパ)です。
でも、自分がスポーツ未経験者で、答えの言葉を持っていなかったら・・・?
悩めるママや自信のないママへ、勝てるアスリートを育てた先輩ママたちから、「子育てのヒント」を届けるプログラムです。

過去の放送(radikoタイムフリー)

または

6月のアスリートママは、新体操・畠山愛理さんのお母様、聖子さんです

2019/5/28 (火)18:00
6月1週目の放送は・・・「6歳から新体操を始める」


2012年のロンドンオリンピックに新体操日本代表チーム、フェアリージャパンに最年少メンバーとして参加。大会後にキャプテンとなり、2015年の世界新体操選手権において団体種目別リボンで、40年ぶりになる銅メダル獲得に貢献した畠山愛理さん。
6月のアスリートママは、畠山愛理さんのお母様、聖子さんです。



愛理さんは、小学生になる頃、母・聖子さんの勧めで、バレーボール、バスケットボール、水泳など、さまざまなスポーツを体験します。そのなかで、愛理さんが気に入ったのは「新体操」でした。

聖子さんとしては、クラシックバレエもいいのではと思い、『くるみ割り人形』の公演に連れて行ったりしたそうですが、寝てしまう聖子さんに、やはり新体操がいいのだろうと思い、週に1回の練習に付き添ったそうです。

最初は、学校の遊びの延長ではじめたという新体操。
それから、どのようにしてオリンピックを目指すようになったのでしょうか?

【畠山愛理さん】
1994円8月16日、東京都出身。
6歳から新体操を始めて、中学3年で新体操日本代表チーム、フェアリージャパンのオーディションに合格し、新体操日本ナショナル選抜団体チーム入りを果たすと同時に、ロシアに留学する。
2012年、17歳でロンドンオリンピックに出場し、団体で7位に入賞。オリンピック後にフェアリージャパンのキャプテンに就任する。2015年の世界新体操選手権において、団体種目別リポンで銅メダルを獲得。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは団体で8位入場。大会後に現役引退を発表し、現在スポーツ番組のリポーターなどを務める。
スマホで楽しめる AuDee(オーディー)アプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • RADIO BERRY
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • FM AICHI
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM大阪
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン

;