サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン

パーソナリティ


野島裕史

現在の自転車人口は、およそ840万人と言われています。(『レジャー白書 2014』)
この番組では、気軽に遠出を楽しめ、有酸素運動の最適ツール、そしてエコでもある自転車の魅力に迫ります。
これから自転車に乗りたいという方には、基本的なルールから、おすすめ自転車の情報を。

過去の放送(radikoタイムフリー)

または

富士登山自転車レースで“90分切り”を目指す! 専門家に聞くトレーニング法

2019/3/18 (月)10:00
声優の野島裕史が、自転車をテーマにお届けしているTOKYO FMの番組「サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン」。3月8日(金)~13日(水)の放送では、日本屈指のヒルクライム・サイクルイベント「富士の国やまなし 第16回 Mt.富士ヒルクライム」(6月9日(日)開催)を大特集! イベント企画協力をおこなっているスポーツ自転車専門のWebメディア「FUNRiDE」のスタッフでサイクルジャーナリストの山本健一さんをゲストにお迎えしてお送りしました。


山本健一さん、野島(右)

★3月でもまだ間に合う!“90分切り”に向けた過ごし方
野島は、昨年の「富士ヒルクライム」(コース:富士北麓公園~富士山五合目)で1時間半以内にゴールする、いわゆる“90分切り”を目標に掲げて参加しました。しかし、残念ながらあと数分及ばずという、非常にくやしい結果に。そこで、今年こそ“90分切り”を達成すべく、山本さんにトレーニング方法を伺いました。

野島:本番までおよそ3ヵ月ということで、具体的にどのような練習が必要ですかね?

山本:3ヵ月あるので十分なトレーニングができると思います。3ヵ月のうち、1ヵ月ごとにテーマを決めて。まず、最初の1ヵ月は「ベース作り」。2ヵ月目は「運動強度を高める」。3ヵ月目は「調整期」ですね。このように、プログラムを組んでピークをレースに持っていくというのは、トレーニングとしてベーシックな考え方です。

野島:例えば、1つ目のベース作りと言いますと、どんなことをするのですか?

山本:とにかくロードバイクに乗ることですね。乗る時間をできるだけ作っていただき、基礎体力を高める。都内ですと、月におよそ40時間乗れば1,000kmくらいは走れるので、それくらいを目処に考えていただければ。

山本さんより補足:平日に通勤ライド、週末の1日は休息して、もう1日はロングライドというサイクルもおすすめです。平日の通勤ライドの距離や時間が長い人は、疲れてしまう場合もあると思います。そんなときは週末に無理をしてライドする必要はありません。しっかり栄養のあるものを食べて、休息しましょう。

野島:月40時間というと、1日1時間ちょっと乗れば良いということですね。

山本:乗ることを習慣づけていただいたうえで、2ヵ月目は運動強度を上げていきます。時間を区切って強度を高めるのですが、最初は3分から5分くらい。全力で走って、それを3分間、5分間キープしていただく。このようなトレーニングを週に1〜2回、練習としておこないところです。

野島:それは、公道ではなくサイクリングロードなど、きちんと練習のできるところでしたほうが良いですね。

山本:そうですね。上り坂でするのが、スピードも出ないのでいいと思います。あとは見通しのいいところ。

野島:なるほど! 上り坂だったら確かに安全にできますね。ですが、都内ってなかなか上り坂がないんですよね……。

山本:ないですね。そういった場合はインドア・トレーナーですね。これを使って室内で黙々とハムスターみたいに回していただければ。

野島:毎日やらなくてもいいのでしょうか?

山本:はい。運動強度が高いトレーニングは毎日やると疲れちゃうので、週に1日か2日、日にちを決めて行うとよいです。トレーニングとして乗る場合は平日の2〜3回、しっかりと乗りたいです。

野島:意外とライトにいけますね!

山本:仕事の疲れなんかも考慮しないと、気持ちも疲れてしまうので。そういった仕事とトレーニングのバランスを考えてメニューを組んでいただくのがいいと思います。

野島:それは確かに大事ですね。そして、最後の「調整」というのは、どのようなことをするんですか?

山本:3ヵ月目に入って、最初の2週目までは同じように運動強度を高めて走ります。そして、2週目の最後の週末にコース試走を入れます。実際にコース試走をしてどれくらいで走れるのかシミューレションしていただいて、その後の2週間は運動強度を抑えたライドにしてもらって、足を休める。これで、身体ができあがっていきます。

野島:身体を休めるのも大事なんですね。

山本:「運動」「栄養」「休息」の3つは、トレーニングの基本の軸になっていきますので、1つでもかけてはいけません。それぞれしっかりやっていただきたいなと思います。

さて、3月15日(金)~20日(水)の「サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン」では、東京と千葉県の房総半島を結ぶ、自転車&サイクリスト専用のサイクルトレイン「B.B.BASE(BOSO BICYCLE BASE)」に乗って、春の房総半島をサイクリング! 自転車を解体せずにそのまま車内に持ち込める「B.B.BASE」の魅力をたっぷりお送りします。どうぞお楽しみに!


また、ネット局・放送日時は下記よりご確認いただけます!

■■■■■■■■■■■■
【放送日時】

エフエム岩手 3/20(水) 15:00-15:25
エフエム山形 3/15(金) 13:30-13:55
TOKYO FM 3/17(日) 5:00-5:30
FMぐんま 3/19(火) 11:30-11:55
FM NIIGATA 3/17(日) 8:30- 8:55
エフエム石川 3/16(土) 11:30-11:55
FM GIFU 3/16(土) 5:30-5:55
e-radio 3/17(日) 18:00-18:30
FM岡山 3/16(土) 8:00- 8:30
エフエム山口 3/16(土) 9:00- 9:30
FM香川 3/17(日) 9:00- 9:30
FM愛媛 3/16(土) 20:30-21:00
FM徳島 3/16(土) 9:00-9:30
FM熊本 3/17(日) 6:00-6:30

※特別編成により、FM佐賀 3/16(土) / FM大分 3月17日(日)の放送はございません。あしからずご了承ください。
※予告なく休止になることがございます、ご了承下さい。

■■■■■■■■■■■■
スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン