ON THE PLANET

ON THE PLANET

パーソナリティ


武田俊

玉川太福

綿谷エリナ

浦朋恵

今、私達は、膨大な情報の中で“何”を選択したらいいのでしょうか?地球レベルの“今”を知覚するには、適切なキュレーションが必要。そんな中、リアルに世界を自分の足で知覚している人、肌で知覚している人がいます。それは、バックパックを背中に背負って、一人で世界に出ていくバックパッカーと呼ばれる“自由人”。彼らがDJとなり、知的好奇心を楽しんでいる人達、楽しもうとしている人達と共に一緒に作りあげていく。

12月12日(水) 平山夢明著『メルキオールの惨劇』(ハルキ・ホラー文庫)を紹介

2018/12/22 (土)21:05
作家・海猫沢めろんが、心に刺さった1冊を皆さんにご紹介する「夜猫図書館」。

▼音声はコチラから!
http://park.gsj.mobi/voice/show/10235






【海猫沢めろん】
僕は日本でリスペクトしている作家10人あげろって言われたら、平山さんが入るんですよ(笑)。
『メルキオールの惨劇』は平山さんの初期の作品なんですよ。これはホラーなんですけど、ホラーって皆さんイメージするのは、「ちょっと怖いもの」ってイメージですよね。ホラーって怖いっていうのも必須なんですけど、僕はキャラクターが重要だと思うんですよね。例えば『13日の金曜日』ってジェイソンですし、『リング』だと貞子じゃないですか。で『呪怨』 は伽椰子で、『富江』は富江でしょ?
ホラーもので人気があるものってキャラが立っているんですよね。
『メルキオールの惨劇』のキャラは何なのかというと、メルキオールなんですよ(笑)。
どんなキャラかというと、とても頭の悪いスキンヘッドの筋肉男なんです。
このメルキオールって残る普段は「朔太郎」という名前なんですけど、実は天才の人格を持っていて、主人公は依頼をされて探偵みたいな感じで、人の不幸品や不幸な臭いがする商品を買取に行くんですよね。
平山さんの作品は「自分もそっち側の人間なんじゃないか」って思うような内容で、狂気への距離感が他人事ではないんですよね。「自分がひどい人間である」ということを知っていることは重要だと僕は思っていて、平山さんの作品からも伝わってくるのが好きなんです。
平山さん最近、すごい長い間連載していた『ボリビアの猿』という小説が終わったそうで、来年出るんじゃないかと言われていて、僕もむちゃくちゃ期待しているんですね。
ぜひ、みなさん年末にかけて読んでほしいですね。


▼平山夢明『メルキオールの惨劇』(ハルキ・ホラー文庫)
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%83%A8%E5%8A%87-%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%A9%E3%83%BC%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%B9%B3%E5%B1%B1-%E5%A4%A2%E6%98%8E/dp/4894567431
スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン