MY OLYMPIC

MY OLYMPIC

パーソナリティ


荒川静香

高橋尚子

トップアスリートたちが出演! 日本各地で開催される競技会などを通して、かつての名選手から将来有望なオリンピック代表選手のタマゴまで選手を紹介。

過去の放送(radikoタイムフリー)

または

射撃の世界ジュニア選手権新記録で金メダル!

2018/9/14 (金)18:00
9月10日~9月14日OA
ライフル射撃
世界ジュニア選手権
10メートルエアライフル男子団体日本チーム

●遠藤雅也 選手(20歳)

遠藤選手は、岐阜県の高校に通っていて、
中学の時から興味を持っていて、高校にライフル射撃があったので
人生で一番打ち込んだと思います。
10点に当てる楽しさというのがあって、入部することにしました。

●清水彰人 選手

自分が思う射撃の魅力は、自分がやった分だけ結果が出る。
自分でも結果がいつ出るかはわからないのですが、
アカデミーにいた4年間は、誰よりも負けずに練習しました。
結果が出たのは高校三年生の全日本で優勝ができて、その時の決勝の記録が日本記録を更新したので、
4年やって初めて「あ、できた!」と思いました。
努力は裏切らないなと思いました。
JOCエリートアカデミーに中学校3年生から4年間を過ごす。
現在は、大学の射撃部に籍を置いている。

◆2020年東京オリンピックについて

東京オリンピックが決まった時は、中学校2年生の時は、オリンピックに出たいなという気持ちでした。
頑張ろうと思ったおは、アカデミーに入ってからでした。
それまでは練習だけだったのですが、アカデミーへ入ったらそれだけだと伸びないと思い、競技の年数が経っていくとどんどん難しくなり、先輩たちに色々教えてもらいました。

●島田敦 選手(19歳)

高校1年生の時、初めて全国大会に出場して、2位を獲得して、
この時に初めて「いけるな!」と思いました。
自分に向いてるなと思いました。
選手生活は順風満帆とはいきませんでした。
高校2年生の時に初めて予選落ちを体験。
その時に一番挫折しました。

◆挫折の要因

道具を選ぶのを間違えました。
いつも選ばないバッテリーを選んでしまい、ずれが出てしまい、10点に当たらなくなります。

◆2020年東京オリンピック

家族と知り合いからオリンピックいけそうなの?と言われて、意識し始めました。
周りに応援してくれる人がいると思うと頑張れます。刺激になっています。
メダルを目指して頑張ります。
スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン