JAPAN HERITAGE ~ラジオ 日本遺産~

JAPAN HERITAGE ~ラジオ 日本遺産~

パーソナリティ


浜崎美保

歴史の声に耳を傾けると、その土地に物語が生まれる。
この番組では、認定されたストーリーの中から魅力的な場所を毎回ご紹介します。
“郷土の文化財に誇りを持つ”。そのきっかけを、このラジオから!

島根県出雲市の『出雲大社』

2018/8/22 (水)15:00
8月第3週目放送後記

日本遺産。
その裏には数々の歴史的なドラマ・魅力的なストーリーが隠されています。
JAPAN HERITAGE~ラジオ日本遺産~。

今回は「日が沈む聖地 出雲」と題した日本遺産の中から、島根県出雲市の『出雲大社』をご紹介しました。

出雲大社(いずも たいしゃ)と呼ぶことが多いかもしれませんが、
正式には出雲大社(いずも おおやしろ)。

神の国・神話の国として知られる出雲を象徴するお社です。


日本最古の歴史書と言われる「古事記」にその創建が記されているほど、その歴史は古く、八雲山を背にしたその神域には、厳粛な緊張感が今も漂っています。

主祭神は、大黒様として馴染みの深い『大国主大神』。

「古事記」に記されている国譲り神話では、
『大国主大神』が、自身の住む宮を築くことを条件に
「天照大神」に国を譲り、その条件として日が沈む聖地に
建てられたのが、「天日隅宮」。
現在の出雲大社だといわれています。

(※八足門)

平成20年からの「平成の大遷宮」では、御本殿の修理が
60年ぶりに行われ、現在では美しい姿に蘇りました。
大社造り、と呼ばれる日本最古の神社建築様式を今に伝え、高さは24メートル。
神社建築では日本一を誇り、国宝に指定されています。

御神座は、西、稲佐の浜の方角を向きます。

古来より、出雲は大和から見て 日が沈む地とされたため、夕日を神聖化、していたと
言われますが、こういったところにも、夕日への畏敬の念を深く感じますね。

旧暦の10月10日には、西に1キロの稲佐の浜で「神迎神事」が日没を待って執り行われ、全国から八百万の神々が出雲に集う、とされています。
なので、神無月:10月は、出雲では「神在月」。

出雲大社の境内には、西と東に、10月10日から7日間だけ全国の神様が宿泊される
十九舎もあります。

出雲大社には独自の参拝方法がありますので、予め確認してから
参拝くださいね。

そうそう。参拝の後、お腹がすいたら、やっぱり出雲そば。
挽きぐるみ、という技法で殻の部分まで一緒に挽いた、色が黒く香り高いそば。

割子そばの形で、薬味にネギや海苔、もみじおろしを乗せて・・・。絶品です。



ぜひ、あなたも日本遺産へ。新たな日本の魅力を再発見してくださいね。

スマホで楽しめる AuDee(オーディー)アプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • RADIO BERRY
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • FM AICHI
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM大阪
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン