JAPAN HERITAGE ~ラジオ 日本遺産~

JAPAN HERITAGE ~ラジオ 日本遺産~

パーソナリティ


浜崎美保

歴史の声に耳を傾けると、その土地に物語が生まれる。
この番組では、認定されたストーリーの中から魅力的な場所を毎回ご紹介します。
“郷土の文化財に誇りを持つ”。そのきっかけを、このラジオから!

湯浅町の、食べ物の味を引き立て、最高の味わいを魅せてくれる『湯浅の醤油の歴史』

2018/3/5 (月)17:00
放送後記

日本遺産。
その裏には数々の歴史的なドラマ・魅力的なストーリーが隠されています。
JAPAN HERITAGE~ラジオ日本遺産~。

今回は、「『最初の一滴』醤油醸造の発祥の地 紀州湯浅」
と題した和歌山県の日本遺産の中から、
湯浅町の、『湯浅の醤油の歴史』をご紹介しました。

和歌山県の中部に位置する湯浅町。
熊野古道が唯一市街地を通るこの場所は、
日本の醤油の始まりの地としても知られています。
素晴らしい自然と醤油の香り漂う、湯浅の町は
今も伝統と文化を紡ぎ続けているのです。

日本の食生活にはかかせない調味料、「醤油」。
その始まりは鎌倉時代からだと言われています。
中国の宋で修行を積んだお坊さんが伝えた「金山寺味噌」、


その味噌作りをする中で、桶の蓋の上や底に赤褐色の汁が溜まる事に気づきました。


普段は捨てているのですが、ある時職人がその一滴を試しに舐めたところ、口の中に芳醇な旨味が広がったではありませんか。
そう。この瞬間こそが日本の醤油の始まりだったのです。

湯浅の人々は、この赤褐色の汁をもっと作ろうと工夫を重ね、
こうして醤油が作られるようになりました。
湯浅の港から大阪へと向かう船に、醤油が積まれていく数は
年々増え続けていきます。
やがて湯浅の醤油は、房総半島を始め全国へ、その製造技術と共に広まっていきました。

そして醤油の醸造は、徳川御三家でもある紀州藩の保護を受け、
湯浅町の中心産業にまで発展。
当時は、92軒の醸造業者が並んでいたと言われています。

今では湯浅の町に残る醸造業者は数軒のみとなってしまいました。
しかし厳選された素材を手作業で、1年以上かけて丁寧に仕込まれた
湯浅の醤油は、食べ物の味を引き立て、最高の味わいを魅せてくれます。

ぜひ、あなたも日本遺産へ。新たな日本の魅力を再発見してくださいね。
スマホで楽しめる AuDee(オーディー)アプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • RADIO BERRY
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • FM AICHI
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM大阪
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン