FUTURES

FUTURES

パーソナリティ


落合陽一

松田卓也

川島さわか

大前創希

蒲田健

金子達仁

中島岳志

前田塁

今村文彦(東北大学教授)

瀬尾傑

超高速通信時代に向けて、日常にある様々なサービスが変化、そして進化していく中で、その先を常に考え、その波に乗っている未来人が集結。
それぞれの専門分野での未来の話、「その先の話」をリスナーにお届けする。

FUTURES ラジオ版学問ノススメ 蒲田健の収録後記

2018/2/26 (月)08:26
ゲスト:古谷経衡(文筆家)


極論に抗するのは、孤独であると同時に自由でもある

古谷経衡さんの最新刊「日本を蝕む『極論』の正体」

読んで字のごとく極端な論である「極論」。“ありえない”と容易に判断でき歯牙にもかけないで聞き流せる、はずのものである。
しかしながら、外部からの監視や点検がなく競争のない閉鎖的な空間においては状況が変わってくる。視野が狭窄になり、その論が正当であるという意識にからめとられてしまう。

そして現代ネット社会は極論がより蔓延りやすい環境であると古谷さんは言う。突出したものは何事によらず人目をひきやすい。その人目を引くものがクリック一つで拡散される。するとそれがさらに人の目をひく確率が高まる。それが重なってゆくと、いつしか多くの支持を集める論であるかの如き存在になりうる、ということなのだ。

古谷さんは自らを「両極から距離を取ってその中間あたりでニヤニヤしている“冷笑系”」と位置付けている。

極論は突出しているがゆえに熱狂を生み出しやすい。周りが見えなくなりヒートアップする。そこには暴走の危険が伴う。したがって冷や水をかけクールダウンを促す存在が一方で必要となる。時にそのアクションは「空気の読めない、ノリの悪い、シラケた」ものとして遇される可能性がある。
だがその”冷笑系“は、社会の正気を保つためには欠かすことのできない存在であるはずだ。

「おかしいと ピンとくる第一印象
        それは大抵 当たっています」

P.S.「王様は裸だ」と言える勇気、言い続ける勇気を持っている「冷笑系」。真のリテラシーとはかくや、ということを体現している方だとお見受けしました。
スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン