FUTURES

FUTURES

パーソナリティ


落合陽一

松田卓也

川島さわか

大前創希

蒲田健

金子達仁

中島岳志

前田塁

今村文彦(東北大学教授)

瀬尾傑

超高速通信時代に向けて、日常にある様々なサービスが変化、そして進化していく中で、その先を常に考え、その波に乗っている未来人が集結。
それぞれの専門分野での未来の話、「その先の話」をリスナーにお届けする。

FUTURES ラジオ版学問ノススメ 蒲田健の収録後記

2018/2/26 (月)08:24
ゲスト:小野雅裕(NASA技術者)

「生命は最終手段の仮説である」byカールセーガン

小野雅裕さんの最新刊「宇宙に命はあるのか 人類が旅した一千億分の八」

7歳の時から宇宙に魅せられてきている小野さん。紆余曲折ありながらも、その恋にも似た宇宙への思いは、現在NASAジェット推進研究所で花開く。彼を突き動かす原動力になっているのが、“イマジネーション”。

「人が想像できることは全て実現できる」とはジュールベルヌの言葉。イマジネーションがあって、いつかそれが現実となり、更にそれがあらたなイマジネーションのタネとなる。ホモサピエンス=考えるヒトとして、人類を人類たらしめている大元といってもいいかもしれない、それがイマジネーション。

その想像の翼を大きく大きく広げて挑む「宇宙に命はあるのか」という難問。それらしいものが見つかったとしても科学者たちはすぐにそれを「命である」とは安請け合いしない。「命でない」という可能性のうえに成り立つ仮説を提出し検証する。そしてあらゆる仮説が否定されたときに初めて「命である」という宣言がなされる。

果たして我々はその宣言に立ち会う僥倖に恵まれるのだろうか?様々なイマジネーションの集積がそれを可能にするかもしれない。

「この宇宙 我々だけが 生きている?
         わが想像は 否と言ってる」

P.S.愛娘に会うために2週間おきにカリフォルニアから帰ってくるという小野さん。愛するものにとことん真摯な方であるとお見受けしました。
スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン