JAPAN HERITAGE ~ラジオ 日本遺産~

JAPAN HERITAGE ~ラジオ 日本遺産~

パーソナリティ


浜崎美保

歴史の声に耳を傾けると、その土地に物語が生まれる。
この番組では、認定されたストーリーの中から魅力的な場所を毎回ご紹介します。
“郷土の文化財に誇りを持つ”。そのきっかけを、このラジオから!

江戸の東の要となった城下町、千葉県佐倉市の「武家屋敷群」

2017/5/11 (木)15:00
放送後記

日本遺産。
その裏には数々の歴史的なドラマ・魅力的なストーリーが隠されています。
JAPAN HERITAGE~ラジオ日本遺産~。
今日は「北総四都市江戸紀行・江戸を感じる北総の町並み」と題した千葉県の日本遺産の中から佐倉市の武家屋敷群をご紹介しました。

その昔、世界有数の百万都市であった江戸の町は、 
周辺都市の支えによって成り立っていました。

特に北総四都市<佐倉・成田・香取・銚子>は、
利根川の水運と江戸に続く街道を利用することで、様々な面から江戸の暮らしと経済を支え、江戸の町と共に発展していきました。

そして今もなお、当時を思わせるような町並みが残されています。

総武本線で東京駅からおよそ1時間の場所にある佐倉。
北総四都市の中でも佐倉は、城下町として栄えました。

江戸幕府で老中・大老を務めた土井利勝が佐倉城を築城して以降、佐倉は江戸防衛の東の要として政治・軍事面で重要な都市であり続けました。
現在でも昔ながらの道筋、区割りや建造物が残されています。
その中でも代表的なのが、武家屋敷群です。


江戸時代の武家屋敷は、その大半は藩が所有し、藩士に貸し与える、現代でいうところの、社宅のようなものでした。

佐倉に残る武家屋敷で現在公開されているのは、
旧河原家住宅・旧但馬家住宅、旧武居家住宅の3棟。
それぞれの住宅の規模や様式は、当時住んでいた藩士の身分をあらわしています。

大きなかやぶき屋根と、わびさびのきいた作りの外観。
江戸の住まいがそのまま残されています。
旧河原家は佐倉の武家屋敷でも最も古いものとされ、室内にあがることは許されませんが、
旧但馬家住宅と旧武居家住宅は、室内にあがる事が出来ます。



土間の入り口から中に入ると、畳と板の間がお出迎え。
何故だかとても懐かしく、落ち着きを感じる雰囲気に包まれ、つい長居してしまいたくなります。


毎年こどもの日と年4回の特別公開日には、甲冑試着会も行われます。
大人用と子供用が用意されていますので、当時の重さを再現した甲冑を着て、江戸時代の武士の気分に浸ってみてはいかがでしょう?


ぜひ、あなたも日本遺産へ。新たな日本の魅力を再発見してくださいね。
スマホで楽しめる AuDee(オーディー)アプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • RADIO BERRY
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • FM AICHI
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM大阪
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン