JAPAN HERITAGE ~ラジオ 日本遺産~

JAPAN HERITAGE ~ラジオ 日本遺産~

パーソナリティ


浜崎美保

歴史の声に耳を傾けると、その土地に物語が生まれる。
この番組では、認定されたストーリーの中から魅力的な場所を毎回ご紹介します。
“郷土の文化財に誇りを持つ”。そのきっかけを、このラジオから!

会津の人の創意工夫を凝らした建物、「会津さざえ堂」

2017/3/31 (金)20:00
放送後記


今回は「会津の三十三観音めぐり~巡礼を通して観た往時の会津の文化~」と題された福島県の日本遺産の中から:会津さざえ堂をご紹介しました。

会津若松市にある飯盛山。白虎隊が最期の時を迎えた悲劇の場所として有名ですが、実は、この山には会津人の創意工夫を凝らした建物があります。

国の重要文化財、会津さざえ堂です。

飯盛山に古くからあるお寺:正宗寺。
会津さざえ堂は、その寺の住職によって1796年に考案されました。

サザエの貝殻のような外観で、中に入ると螺旋階段が続き、ぐるぐると周りながら上へと昇って行く構造となっているのですが、実はこの螺旋階段、二重らせん構造になっています。


上り階段を昇り切っても行き止まりにならず、そのまま下り階段へとつながっていて、入口から出口まで決して同じ道を通らずに抜けられる不思議な構造。


この二重らせん構造は木造建築としては、世界中を見ても二つとないとても珍しい建造物で、世界の名建築100選にも選ばれるほど。

では何故このような造りにしたのでしょうか?

江戸時代、会津三十三観音と並び、人気となっていたのが、関西地方の観音様をお参りする、西国(さいごく)三十三観音巡りでした。

会津の人たちは、このさざえ堂の中に観音様を祀る事で、
会津にいながら西国三十三観音巡りを体験出来るようにしたいと考え、上りから下りまで、階段の一つ一つに三十三の観音様を安置し、人とすれ違うことなく、お参りできるようにしたのです。


現在観音様は祀られてはいませんが、この不思議な螺旋階段は今でも体験する事ができます。

仏教の都:会津には、まだまだ沢山の寺や観音様が貴方を待っています。当時の会津の人々のおおらかな信仰と娯楽を追体験してみてはいかがでしょうか。

ぜひ、あなたも日本遺産へ。新たな日本の魅力を再発見してくださいね。
スマホで楽しめる AuDee(オーディー)アプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • RADIO BERRY
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • FM AICHI
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM大阪
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン