JAPAN HERITAGE ~ラジオ 日本遺産~

JAPAN HERITAGE ~ラジオ 日本遺産~

パーソナリティ


浜崎美保

歴史の声に耳を傾けると、その土地に物語が生まれる。
この番組では、認定されたストーリーの中から魅力的な場所を毎回ご紹介します。
“郷土の文化財に誇りを持つ”。そのきっかけを、このラジオから!

松尾芭蕉が訪れた多賀城跡に佇む石碑、壺碑

2017/2/24 (金)17:00
平安時代の歌枕としても有名な石碑です


今回は「政宗が育んだ”伊達”な文化」と題された宮城県の日本遺産の中から:おくのほそ道の風景地 壺碑(つぼのいしぶみ)をご紹介しました。

「壺碑」とは、坂上田村麻呂が
大きな石の表面に、矢の矢尻で文字を書いたとされる石碑の事です。
平安時代の終わり頃から西行や源頼朝など
多くの人が「壺碑」を歌枕にして和歌を詠んでいましたが、
場所がどこなのかは分かっていませんでした。

その壺碑。江戸時代初めに多賀城跡で発見されました。

多賀城は、奈良・平安時代の陸奥国の中心都市であり、
11世紀の中頃まで、繁栄したと言われています。


その象徴ともいえるのが、多賀城入口近くに立つ「多賀城碑」


この多賀城碑こそが、「壺碑」だと言われ、江戸時代の文化人や学者は大いに注目しました。

松尾芭蕉が記した、紀行文の傑作「おくのほそみち」。
芭蕉はその旅路で、この多賀城跡にも訪れています。

芭蕉が訪ねた当時は野ざらしの状態で、石碑は文字を隠すほどの苔で覆われていたそうです。

水戸黄門の名前で有名な徳川光圀は、この状態を知り、当時の仙台藩主・伊達綱村に、石碑を保護する覆屋の建設を勧めます。
これを受けて間もなく覆屋が建てられ、今日に至るまで大切に守られるようになりました。



「泪もおつるばかりなり」―。
芭蕉が深い感激をもって対面し、古代より数多くの歌人が歌枕に詠んだ壺碑。


古代奥州の繁栄を現代に伝えるこの地を訪れ、和歌を詠んでみるのも一興ですね。

ぜひ、あなたも日本遺産へ。新たな日本の魅力を再発見してくださいね。
スマホで楽しめる AuDee(オーディー)アプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • RADIO BERRY
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • FM AICHI
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM大阪
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン