Juri's Favorite Note

Juri's  Favorite Note

女優 上野樹里の番組「Juri’s Favorite Note」。
自身が書いた短編物語や世界の童話の朗読、時にはスペシャルゲストをお招きし、フリートークでは、日々の出来事を皆さんのメッセージを読みながら、お話しします。
そんな、楽しい時間を一緒に作っていく番組です。
この放送を聞いて、その”作品”に触れた時、あなたの「日常」が、ほんの少しだけ変わっていくかもしれません。

過去の放送(radikoタイムフリー)

または

 トークルーム

朝顔が咲くのを楽しみに

樹里ちゃん、こんにちは。
33歳!ご結婚3年目を迎えられて、遅ればせながら、おめでとうございます。
 
テーマ「おススメの本」です。
小学校のとき先生に本を読むことの楽しさを教えてもらってから、読書が好きです。だから多く書いちゃいました。許して下さいね。

撮影に向かわれている樹里ちゃんにおススメするとしたら、次の10冊です。

磯野真穂著『医療者が語る声なき世界~「いのちの守り人」の人類学』です。いつも見えている医療の風景を文化人類学の視点からみる。その気づきの豊富さに読んでよかったと思いました。
 
続いて岩川直樹著『感情のABC』草土文化です。あまり新しい本ではありませんが、読むたびに様々な感情への発見があります。読み終えると、どんな感情もキラキラと輝いて見えます。
 
そして、有名なキュブラー・ロスの『死ぬ瞬間』、その中でも講演を記録した『「死ぬ瞬間」と死後の生』です。
とても読みやすく、著者の実践から語られるメッセージと情熱が伝わり、「生きること」について深く考えさせられます。
 
またこの他に、自分の頭で多角的に考え抜くことが書かれている苅谷剛彦著『知的複眼思考法』
少し難しいですが科学の限界に疑問を投じる中村雄二郎著『臨床の知とは何か』
患者中心の医療について考える星野一正著『医療の倫理』などもおススメで。

それに、こころをみつめる神谷美恵子著『こころの旅』『生きがいについて』、柳澤桂子ら著の『生きて死ぬ智慧』、ウィリアムオスラーの名著『平静の心』も素晴らしい本です。
 
私がずっと愛読しているのは、ミヒャエルエンデの『モモ』やサン・テグジュペリの『星の王子さま』で、いつも優しい気持ちになります。

最近、好きなのは瀬尾まいこさんの本!「家族」ってなんだろうと自問し、人のあたたかさも弱さも感じて、坂元裕二さんが脚本される好きなドラマと同じ匂いを感じます。
漫画は、やはり始めて大人書いした『のだめカンタービレ』です。ムキャ!

いつか樹里ちゃんの本や絵本も読みたいなぁ
 いつもオススメをご紹介して下さってありがとうございます。
暑い日が続きます。アロマに癒されて、撮影頑張ってください。
「Tui Kauri」の到着を楽しみにしています。

2 0 0 報告する

木の実

愛知県 / 女性

投稿一覧に戻る

コメントを書き込む場合は、こちらからログインしてください。

ログイン

スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン