「坂崎さんの番組」という番組

「坂崎さんの番組」という番組

パーソナリティ


坂崎幸之助

THE ALFEEの坂崎幸之助がパーソナリティ。メインとなる音楽コーナーでは様々な音楽ジャンルの“通”である彼が毎回テーマに沿った音楽特集を届ける。また、幅広い交友関係からゲストを招くこともある。

PROGRAM NO.2015-0029 7/16~7/20

2015/7/21 (火)10:32



『坂番洋楽データファイル』第104回


←マーチンギターの最高峰に施される
 貝殻細工「Tree of Life」パターン


T・レックス、改めて聞くと
ギターもサウンドも軽いんですねぇ。
当時はもっともっとハードだと思ってた。
でもマーク・ボランの存在感はすごかったですね。
高見沢少年が憧れたのもわかる気がします。
(ライブ見るまでは。笑)



『坂番洋楽データファイル(略してSYDF)』第104回
今回は「テ」で始まるアーティスト特集の7回目。


      
『ティミー・T(Timmy T)』

★1967年9月21日、アメリカ・カリフォルニア州生まれのシンガーソングライター。
 本名は「ティモシー・トーレンス」。1990年にデビュー。
 3曲目のシングルとなった「ワン・モア・トライ」が、当時のバラードブームに乗って全米ナンバーワンに輝いています。

  ♪ワン・モア・トライ(One More Try)
   *1991年、全米チャート1位を獲得。



『ディー・ライト(Deee-Lite)』

★1986年、ニューヨークで結成されたハウス/ダンス・ミュージック・グループ。
 結成当初はロシア人DJ:ディミトリーとダンサーでボーカリストのレディ・ミス・キアーの2人組でしたが、
 1990年、ニューヨークの美術大学に留学中だった「テイ・トウワ」が参加、3人組としてデビューします。
 世界の坂本龍一も才能を認めた「テイ・トウワ」サウンド(当時はまだマイナーだったハウス・ミュージック)のシングルは大ヒット。

  ♪グルーヴ・イズ・イン・ザ・ハート(Groove Is In The Heart)
   *1990年、全米4位まで上昇。

★当時マイナーだったハウス・ミュージックのシングルを大ヒットさせ、
 ポピュラー音楽界で認められた最初のグループと言われている「ディー・ライト」。
 1992年に音楽的中心人物のテイ・トウワがメンバーとの音楽的方向の違いや、
 体調不良などを理由に脱退するとグループは一気に推進力を失い1996年に解散。




『T・レックス(T.Rex)』

★1967年、イギリスでボーカルとアコースティックギターの「マーク・ボラン」(1947年9/30生まれ)と
 パーカッションの「スティーヴ・トゥック」の2人が【ティラノザウルス・レックス】の名でフォークロックグループとして結成&デビュー。
 1970年、バンド名を【T・レックス】と改名。サウンドも、フォークからグラムロックに変身。 
 「ライド・ア・ホワイト・スワン」が全英2位、続いて「ホット・ラヴ」が初の全英1位獲得と大ヒット。
 これらのヒットの後、1971年にベースとドラムを加え4人組に。
 4人になった最初のアルバム『電気の武者(Electric Warrior)』は全英アルバムチャートでナンバーワンを記録しています。

  ♪ゲット・イット・オン(Get It On)
   *『電気の武者』からのシングル。
   *1971年に全英1位、1972年に全米10位を記録。

  ♪テレグラム・サム(Telegram Sam)
   *1972年リリースのアルバム『ザ・スライダー』からのシングル。
   *全英シングルチャートでは1位を獲得。全米では67位止まり。

  ♪メタル・グルー(Metal Guru)
   *同じくアルバム『ザ・スライダー』からのシングル。 
   *全英1位を獲得するも、全米では100位内にも入らず。

  ♪イージー・アクション(Solid Gold Easy Action)
   *1972年に全英2位。全米ではチャートインせず。
   *ギターにELOのジェフ・リンが参加。
   *シングルとして発表されたこの曲は、当時アルバムには収録されず
    ベスト盤『グレイト・ヒッツ』(1972)のみに収められました。

  ♪20センチュリー・ボーイ(20th Century Boy)
   *1972年の初来日時、日本でのレコード会社(東芝EMI)のスタジオでレコーディングされたシングル曲。
   *1973年、全英3位。全米ではチャートインせず。


★この曲を境にT・レックスの人気も下降線をたどり、彼らが中心に活躍したグラムロックブームもしぼんでいきました。
 生前「僕は30歳までは生きられないかも・・・」と語っていたマーク・ボラン。
 1977年9月16日、愛人の運転するクルマで事故に遭い亡くなっています。
 享年29歳、何と30歳の誕生日の2週間前の出来事だったそうです。



次回「坂崎さんの番組」という番組  ゲスト:黒沢秀樹さん







スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン