I Got Rhythm~音楽が生まれる時

I Got Rhythm~音楽が生まれる時

その音楽が誕生し、愛されてきた理由を、残された証言者や音源から紐解いていく音楽ドキュメンタリー番組。
毎回、旬なアーティストやジャンルの話題+切り口でその源流を辿り、掘り下げていきます。

#23『I got rhythm 音楽が生まれる時』 概要と選曲リスト

2019/9/6 (金)10:30
是非これを見ながら聴いてください!


今月のテーマ:「CITY POPPIN’ TIME」(第1回:AORの誕生)
パーソナリティ:松永良平(音楽ライター)


<番組のトーク・パート(概要)と選曲リスト>

― 今月は、今再び注目を集めるAOR/シティポップにフォーカスして、その背景を紐解いていきます。
今回は、日本のシティポップにも多大な影響を与えた「AOR」をピックアップし、その誕生に迫ります。

AOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)というのは、大人のために作られたロックのことで、1970年代後半から1980年代にかけて、アメリカのウエストコーストのスタジオミュージシャンやシンガーソングライターを中心に流行した音楽と言われています。
もともとアメリカでは、「アダルト・コンテンポラリー」という言い方が定借しており、その意味は「大人のための流行歌」。それが1980年前後に、日本では「AOR」という言葉で定着するようになりました。
 AORの特徴としては、ジャズやソウルのエッセンスを取り入れた、ダンサブル雰囲気があり、優れたスタジオミュージシャンによる完璧なサウンドが作られています。
 このサウンドの嗜好自体は、1970年の初めから行われていましたが、AOR誕生の記念碑的作品となるのは、ボス・スキャッグスの『シルク・ディグリーズ』というアルバムです。

1「Lowdown」Boz Scaggs
<Spotifyリンク>※ラジオでOAしたものとバージョンが異なる場合があります。

 当時の全米のシングルチャートで最高3位、アルバム『シルク・ディグリーズ』は最高2位を記録。
このアルバムでサウンドを支えたスタジオミュージシャンのデヴィッド・ペイチ、ジェフ・ポーカロ、スティーヴ・ルカサーらは、後にTOTOの母体となります。

―AORが日本でこれほど受け入れられるようになった理由は、いくつか説かありますが、特に社会に大きな影響を与えたのは、田中康夫の小説「なんとなく、クリスタル」の大ヒットでしょう。小説の中に東京のお洒落なお店やブランド、AORのレコードやアーティストがそのまま使われていました。この小説は後に映画化され、実際のAORのヒット曲を使ったサウンドトラックが作られました。次にお送りする曲は、そのレコードのA面の1曲目となった曲です。

M2「I Go Crazy」Paul Davis
<Spotifyリンク>※ラジオでOAしたものとバージョンが異なる場合があります。

 ポール・デイヴィスはこの曲で日本独自の人気を獲得し、その後「クール・ナイト」等、日本独自のヒットを出しています。

―AORと呼ばれるアーティストには、日本で特に高い人気を誇るアーティストがたくさんいます。次にお送りするネッド・ドヒニーもその一人です。

M3「Get It Up For Love」Ned Doheny
<Spotifyリンク>※ラジオでOAしたものとバージョンが異なる場合があります。

 ネッド・ドヒニーのセカンドアルバム『ハード・キャンディ』の中の1曲。このアルバムのジャケットは、AORを古くから聴いている方なら、どこかで目にしたことがあるでしょう。しかし、ネッド・ドヒニーはアメリカでは成功しておらず、サードアルバム『プローン』は、アメリカではリリースされず、日本だけで発売されました。

ところが、2010年代に、アメリカのヌメログループというレーベルから、彼のベストアルバムが突然発売たことで、若いリスナーに受け入れられ、彼は幻のAORシンガーとして、アメリカで認知されるようになりました。今では、彼の昔のレコードは、高値で取引されています。

―こうした、AOR世代のアーティストの再評価が、アメリカでは近年よく起こっています。

M4「What A Fool Believes(1993Live)」Kenny Loggins And Michael McDonald
<Spotifyリンク>※ラジオでOAしたものとバージョンが異なる場合があります。

 2005年にネットテレビの企画で「ヨットロック」という番組が作られました。番組自体は、1970年代後半~80年代にかけて、日本でいうAOR的なサウンドを作っていたアーティストを少し小ばかにして紹介する、バラエティ色の強い番組でした。特にその番組で注目を浴びたアーティストの一人が、80年代に人気があったケニー・ロギンス。彼は、Doobie Brothersがヒットさせた「What A Fool Believes」を、マイケル・マクドナルドと共作したことでも知られています。
スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン