ON THE PLANET

ON THE PLANET

パーソナリティ


武田俊

玉川太福

綿谷エリナ

浦朋恵

今、私達は、膨大な情報の中で“何”を選択したらいいのでしょうか?地球レベルの“今”を知覚するには、適切なキュレーションが必要。そんな中、リアルに世界を自分の足で知覚している人、肌で知覚している人がいます。それは、バックパックを背中に背負って、一人で世界に出ていくバックパッカーと呼ばれる“自由人”。彼らがDJとなり、知的好奇心を楽しんでいる人達、楽しもうとしている人達と共に一緒に作りあげていく。

8月1日(木)のシェリーめぐみ from NY

2019/8/30 (金)14:15
☆ジャーナリスト、シェリーめぐみさんのコーナー「シェリーめぐみ from NY」
今回は2人の“すごい”10代の話題をピックアップ!

■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■


浦朋恵「シェリーめぐみ from NY!今回もニューヨークにいるシェリーめぐみさんに伝えて頂きます。シェリーさん!」

シェリーめぐみ「浦さんこんばんはー、宜しくお願いします」

浦朋恵「宜しくお願いします~」

シェリーめぐみ「毎週木曜日はアメリカの若者世代、ミレニアル世代/ゼット世代のポップなニュースをお伝えする、ミレニアル・ポップニュース!今日は2人のすごい10代の話題です」

浦朋恵「おぉ!」

シェリーめぐみ「今の10代と言えばホントのデジタルネイティブじゃないですか」

浦朋恵「うんうん」

シェリーめぐみ「デジタルを使いこなす力だけじゃなくて、色んな事で進化している。今の若者。大人が教えてもらう時代ですよ」

浦朋恵「あらららら(笑)」

シェリーめぐみ「あららら(笑)ということで、このすごいティーンから!
ドドン!(SE)A 16 years old received $3 million for winning the Fortnite world cup(フォートナイト・ワールドカップで16歳の少年が優勝、およそ3億3千万円獲得)」

浦朋恵「うわー!凄い!」

シェリーめぐみ「Eスポーツって言うんですよね。これがすごいというのは知っていたけれど、フォートナイトってやったことある?」

浦朋恵「ないですないです」

シェリーめぐみ「私もないけど、凄い流行っているんでしょ?」

浦朋恵「うん、そうですね」

シェリーめぐみ「驚いたのはその賞金額3億3千万円。思わず他の個人スポーツと比べてみたんです」

浦朋恵「はい」

シェリーめぐみ「全米オープンテニス、錦織君が出ているやつね。優勝すると4億円くらいもらえる。ゴルフのヨーロッパオープンが3億3千万円。テニスやゴルフって歴史が長いでしょ?Eスポーツが同じくらいになっているんですよ。凄いですよね」

浦朋恵「早すぎますよね、大きくなるのが」

シェリーめぐみ「凄い時代ですよね。この優勝した少年の名前はKyle Giersdorf(カイル・ギアースドーフくん)で世界4000万人(記録)のプレイヤーから勝ち上がって」

浦朋恵「えぇ!!??(笑)競技人口多くないですか!?(笑)」

シェリーめぐみ「もう笑いが出ちゃいますよね(笑)それで、ニューヨークのナショナル・テニスセンターで行われたファイナルで優勝(笑)」

浦朋恵「全米オープンだ(笑)えぇ!?」

シェリーめぐみ「カイルくんはテレビのトークショーで《賞金はどうする?》と聞かれて、《くだらないことには使わず投資する》そして一つだけ欲しいのは…なんだと思う?たまんないよ?」

浦朋恵「えぇ…16歳…」

シェリーめぐみ「《新しい机》と答えたそう」

浦朋恵「(笑)凄い現実的ですね」

シェリーめぐみ「このZ世代というのは、 お金に堅実で将来のために早くから貯金するという、これまでのアメリカ人にはなかった特色なんです。今までのアメリカ人はクレジットカードばんばん使って借金がね」

浦朋恵「うーん」

シェリーめぐみ「スチューデントローンで苦しむ先輩世代や、AIやロボットに職を奪われるかもしれないなど、将来の厳しさを誰よりも痛感している世代ですからね」

浦朋恵「(笑)そうか~…これ世界的にそうなんですね」

シェリーめぐみ「そうですね。世界的に子供たちはこの危機感を感じていると思います。やっぱり情報が多いですからね。こんだけ情報が多いと否が応にも耳に入ってきちゃいます。そしてこの世代がもう一つ強く懸念している、この問題にたった1人で立ち向かったのがこの15歳。
ドドン!(SE) A 15 years old will set sail across the Atlantic (15歳の環境活動家が、
ソーラーパワーの船でニューヨークにやってくる!)」

浦朋恵「おぉ~」

シェリーめぐみ「Greta Thumberg (グレタ・サンバーグさん)スウェーデンに住む15歳。
環境対策になかなか動かない政府に反対して、毎週金曜日たった1人で、国会前でストライキをしました」

浦朋恵「へー」

シェリーめぐみ「それがネットで世界に広がり、今年3月世界1000箇所で同時に高校生がストライキをしました」

浦朋恵「わー…!凄い」

シェリーめぐみ「グレタさんは世界から注目されノーベル平和賞にもノミネートされました。また世界中の会議に呼ばれており、今回9月の国連気候サミットのためにニューヨークにやって来ることになりました。でも彼は温室効果ガスを排出する飛行機には乗りたくない、と」

浦朋恵「え、どうやってくるんですか?」

シェリーめぐみ「まずイギリスまで行って、そこから大西洋をソーラーパワーと波の力で回すタービンで発電する電力を用いて、レース用の小さな船で2週間かけてくると」

浦朋恵「すごい…すごい…」

シェリーめぐみ「凄いでしょ?15歳だよ?」

浦朋恵「すごいっすね…」

シェリーめぐみ「グレタさんは来年2020年の1年間飛行機に乗らないという《We Stay On The Ground》キャンペーンを立ち上げ、スウェーデンだけで10万人がサインアップしたんですって」

浦朋恵「すごい…」

シェリーめぐみ「もう、もうどうしましょう大人…」

浦朋恵「ほんとに…何も考えてなかったですね…飛行機もジェットエンジンで動くから」

シェリーめぐみ「そうなんですよ」

浦朋恵「そっか…温室効果ガス。もっと身近な車のことぐらいしか考えられてなかった…」

シェリーめぐみ「車もそうだし、お肉の畜産も凄く温室効果ガスを出すから、お肉食べないって人もいっぱいいるんですよ」

浦朋恵「(笑)やばい…」

シェリーめぐみ「まぁいっぱい食べている人もいるんですけどね!それがアメリカですよ。
こういう若者たちを見ていると、出来ることがいっぱいあることを学びますよね」

浦朋恵「そうですね!10代のパワーと情熱があるからこそね!」

シェリーめぐみ「地球の未来はね、こういう子たちがいれば明るいかなって気がするよね。希望が湧いてくる話だなと思いました」

浦朋恵「この話を聞きながら、子は宝だなって…て思いました。なんかしみじみしちゃいました。シェリーさんありがとうございました!」

★MEGUmedia.com: シェリーめぐみの”一歩踏み込んだ”NY情報マガジン"

スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン