「坂崎さんの番組」という番組

「坂崎さんの番組」という番組

パーソナリティ


坂崎幸之助

THE ALFEEの坂崎幸之助がパーソナリティ。メインとなる音楽コーナーでは様々な音楽ジャンルの“通”である彼が毎回テーマに沿った音楽特集を届ける。また、幅広い交友関係からゲストを招くこともある。

『坂番洋楽データファイル(略してSYDF)』第180回

2019/5/8 (水)05:00
気になるアーティストを50音順に、坂崎幸之助が独断と偏見で
紹介している≪坂番洋楽データファイル≫(略してSYDF)
今回は「フ」の付くアーティスト8回目。


↑↑ 先週のゲストやなわらばーのお二人に頂いた一本下駄です。

『ブッカー・T&ザ・MG's(Booker T.& The MG'S)』
★1962年、アメリカ・テネシー州メンフィスで結成された
R&Bインストゥルメンタル・グループ。
元々はメンフィスに設立されたR&B専門のレコード会社
≪スタックス・レコード≫の専属バンドとして
オルガン奏者の“ブッカー・T.”を中心に、スティーヴ・クロッパー(G)、
アル・ジャクソン(Ds)、ルイス・スタインバーグ(B)で結成。
数々のスタックス・レコード所属アーティスト達のレコーディングに
関わります。
例えば…オーティス・レディング「ドック・オブ・ザ・ベイ」、
ウィルソン・ピケット「ダンス天国」、
サム&デイヴ「ホールド・オン(Hold On,I'm Comin')」などなど・・・・
それと同時に【ブッカー・T&ザ・MG's】としてもレコードデビューし、
そのデビューシングルは大ヒットしました。
  ♪グリーン・オニオンズ(Green Onions)
   *1962年・全米3位まで上昇。
★1964年後半、ベースがルイス・スタインバーグから
ドナルド・ダック・ダンに交代、グループは1971年に解散。
その後1977年と1994年に再結成しています。

『フーティ&ザ・ブロウフィッシュ(Hootie & The Blowfish)』
★1986年、サウスカロライナ大学の学生4人が結成したロックバンド。
数年間はライヴを中心に自主制作EPを発表。
1994年アルバム『Cracked Rear View』でメジャーデビュー。
“デヴィッド・クロスビー”をゲストに迎えた1stシングル
「ホールド・マイ・ハンド」が全米10位を記録。
その次のシングルは、グラミー賞の対象曲となり、彼らは見事
「最優秀ポップボーカル賞」を獲得しています。
  ♪レット・ハー・クライ(Let Her Cry)
   *1995年・全米9位を記録。
   *グラミー「最優秀ポップボーカル賞」受賞曲。
   *デビューアルバム『Cracked Rear View』は
    全米アルバムチャートでも堂々の1位。
    全米だけで1600万枚以上のセールスを記録。
★今年はデビューアルバムから25周年。
これを記念して約15年ぶりのニューアルバムを発表。
さらに約10年ぶりとなる北米ツアーも予定されています。

『フー・ファイターズ(Foo Fighters)』
★1995年、シアトルで結成されたポスト・グランジ・グループ。
バンドの中心人物はグランジを代表した【ニルヴァーナ】の
元ドラマー、ディヴ・グロール。
1995年にデビューアルバム『フー・ファイターズ』をリリース。
その後コンスタントにアルバムを発表。
ツアーも精力的に行なっているフー・ファイターズはグラミー賞の常連で、
アルバムをリリースするたびにノミネートされ、
「最優秀ロック・アルバム賞」を4回も受賞しています。
  ♪ラーン・トゥ・フライ(Learn To Fly)
   *グラミー「最優秀ロック・アルバム賞」を最初に受賞した
    1999年リリースの3rdアルバム『There Is Nothing Left To Lose』
    からのヒットシングル。2000年・全米19位。
   *この曲はグラミー「最優秀短編ミュージックビデオ賞」を受賞。

『ブライアン・アダムス(Bryan Adams)』
★1959年11月5日、カナダ・オンタリオ州キングストン生まれ
(現在59歳)のシンガーソングライター。
19歳の時≪A&Mレコード≫とソングライター契約。
その後、シンガーとしても契約をし
1980年アルバム『ギヴ・ミー・ユア・ラヴ』でデビュー。
翌1981年に2作目の『ジェラシー』をリリース。
1983年にリリースした3枚目の『カッツ・ライク・ア・ナイフ』からは
シングルヒットが3曲。
そして1984年の4作目のアルバム『レックレス』は、
自身初の全米アルバムチャート1位を獲得。
このアルバムの収録曲全10曲のうち、何と6曲のシングルヒットが
生まれています。
  ♪ヘヴン(Heaven)
   *アルバム『レックス』から、1985年、ブライアンにとって
    初の全米1位となったシングル曲。
★アルバム『レックレス』の大ヒットで、一躍売れっ子アーティストとなった
彼の元には映画界から主題歌の依頼が続々と入ってきます。
まずは1991年のケヴィン・コスナー主演映画『ロビン・フッド』の主題歌
「アイ・ドゥ・イット・フォー・ユー」。
こちらは、ブライアンにとって2曲目の全米1位を獲得。
1993年には、ブライアン・アダムスに加えロッド・スチュワートと
スティングが参加した映画『三銃士』の主題歌も発表。
翌1994年には全米1位を記録しています。
  ♪オール・フォー・ラヴ(All For Love)
   /ブライアン・アダムス、ロッド・スチュワート、スティング
★そして1995年、ブライアン・アダムスはジョニー・デップ主演の映画
『ドン・ファン』の主題歌を手がけます。
この主題歌も全米ナンバーワンを獲得しています。
  ♪リアリー・ラヴド・ア・ウーマン
   (Have You Ever Really Loved A Woman?)
★2000年代に入っても精力的な活動を続けているブライアン。
ライヴはもちろん、アルバムもコンスタントにリリース。
今回最後にご紹介した曲は、今年(2019年)3月1日にリリースされた
3年半ぶり、通算14枚目のスタジオアルバム『シャイン・ア・ライト
(Shine A Light)』からのシングル曲。
  ♪シャイン・ア・ライト(Shine A Light)
   *エド・シーランとブライアン・アダムスの共作。

:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:
■THE ALFEE デビュー45周年記念のオリジナルアルバムが
 6月26日(水)にリリース!
■THE ALFEE 45th Anniversary Summer Event 開催決定!
 Best Hit Alfee 2019 夏の乱~Battle Starship Alfee
2019年 8月 3日(土) 開場16:30 / 開演18:00
2019年 8月 4日(日) 開場15:30 / 開演17:00
会場:幕張メッセ国際展示場 1-3 
詳しくは http://www.alfee.com でご確認下さい。
:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:
【坂崎幸之助書写真展】『マジカル ミステリーアワー』
会期:5月18日(土)~5月27日(月) ※23日(木)休廊
時間:11時00分~19時00分
会場:Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1/tel:03-3517-2125
※入場無料
http://islandgallery.jp/about
:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:
次の更新はネット局すべてのOA終了後
2019年5月15日(水)AM5時以降の予定です。
:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:
スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン