FUTURES

FUTURES

パーソナリティ


落合陽一

松田卓也

川島さわか

大前創希

蒲田健

金子達仁

中島岳志

前田塁

今村文彦(東北大学教授)

瀬尾傑

超高速通信時代に向けて、日常にある様々なサービスが変化、そして進化していく中で、その先を常に考え、その波に乗っている未来人が集結。
それぞれの専門分野での未来の話、「その先の話」をリスナーにお届けする。

FUTURES ラジオ版学問ノススメ 蒲田健の収録後記

2019/4/1 (月)16:21
ゲスト:吉藤オリィ(ロボットコミュニケーター)

人間の孤独を解消する

吉藤オリィさんの最新刊「サイボーグ時代」

サイボーグと聞くと、奥歯に加速度スイッチが内蔵されていたり、足の裏のジェットエンジンで空を飛べたりと、超能力をもつ人造人間=ある意味荒唐無稽なSFの世界を想起する向きも多いだろう。だがその定義を「生来の状態では実現困難なことを、人工物のサポートを加えることによってできるようにした人間」とすると、例えばペースメーカーのユーザーはこの範疇に入るであろうし、もっとカジュアルな例でいえばコンタクトレンズ装着者もそうであると言える。

肉体と人工物のハイブリッド。これを広義に解釈すれば、調べたいことを瞬時に検索できるスマホ所有者もサイボーグとみなしうる。つまり程度の差こそあれ現代人の多くはサイボーグ成分を持っている。すでにサイボーグ時代は到来しているのだ。

で、その先にはどのような世界が待ち受けているのか?テクノロジーの進化にはネガティブな見方があるのは一面の事実。自分の仕事が奪われてしまうのでは?という懸念。

それに対する吉藤さんの回答は、今作のサブタイトルにも表されているだろう。「リアルとネットが融合する世界でやりたいことを実現する人生の戦略」。テクノロジーが人間を凌駕するわけではなく、またその逆でもない。互いが互いを補完し合って人間はよりやりたいことを実現する可能性を高められる、ということだ。
その果てには吉藤さんがご自分のミッションとする「人間の孤独を解消する」というものが見えてくるかもしれない。

自らの手で様々なテクノロジーを具現化しているからこその説得力が、そこにはある。

「対峙する 敵ではないぞ サイボーグ
           手を携えて 共にゆく友」

P.S. 収録前に軽く雑談をしながら、あっという間にバラの創作折り紙を作ってくださった吉藤さん。名刺入れにこれはいいなーという仕掛けがあったり、試作中のテクノロジーもお持ちいただき実物を拝見させていただいたりと、人を幸せにする「未来」が形としてもうここにあると実感いたしました。「心を運ぶ車イス」という表現にグッときました。
スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン