A・O・R

A・O・R

パーソナリティ


ユキ・ラインハート

「仕事帰りの車の中で“お気に入りのコンピレーションCD”を聴く感覚で楽しみ、一日の疲れをクールダウンする番組。選曲は音楽ジャンルとしてではないアダルト・コンテンポラリー・サウンド、“AAA(トリプル・エー)”にこだわります。また、20時台はジャンルに特化。ロック、ジャズ&ボーカル、日本の歌謡史、ワールドミュージックを特集します!」

本日の20時台 JAZZ&VOCAL NIGHTは創立80周年ブルーノート・レーベル特集【Part.1】です~。

2019/1/8 (火)20:53
Today's Topic



本日のJazz&Vocal Nightは今年創立80周年を迎えたブルーノート・レーベルのご紹介【Part.1】です。

ブルーノートは1939年1月6日に初録音をしたのが誕生のきっかけで、曲目はブギウギのピアノ曲でした。

1曲目にお届けしたのはそのブギウギ曲、演奏者はアルバート・アモンズ、曲タイトルは「ブギ・ウギ・ストンプ」でした。

2曲目も1939年1月6日録音、ブルーノート番号1番。
演奏者はミード・ルクス・ルイス、曲タイトルは「メランコリー」です。

3曲目はブルーノートの名高いヒット曲、シドニー・ベシェの「サマー・タイム」。
1939年6月に録音され、ピアノは前曲演奏者のミード・ルクス・ルイスでした。

4曲目は「サマー・タイム」がB面だった時のA面曲、1939年創立時にスタジオ用特別編成6人グループのポート・オブ・ハーレム・ジャズメン演奏による「パウンディング・ハート・ブルース」でした。

5曲目は同じくスタジオ録音のためだけに編成されたブルーノート・ジャズメン、ジェームス・P・ジョンソン&ザ・ブルーノート・ジャズメンの演奏で、1944年録音の「ヴィクトリー・ストライド」でした。

6曲目も1944年録音ですが、時代はビック・バンドから小バンドのスイングテット、アイク・ケベック・クインテット演奏のヒット曲「ブルー・ハーレム」を聞いていただきました。

7曲目はこのアイク・ケベックがブルーノートに紹介したのがセロニアス・モンク。
彼の代表曲であり初録音Ver.で「ラウンド・ミッドナイト」をお届けいたしました。

8、9曲目は続けて。
まずはセロニアス・モンクの友人でこちらもケベックが推薦したバド・パウエル。
1951年録音の曲は「ウン・ポコ・ロコ」。
そしてマイルス・デイヴィスが不遇だった時代に残した1953年録音「テンパス・フュジット」、こちらのピアノはバド・パウエルです。

来週はここからの続き、ブルーノート・レーベルの紹介【Part.2】です。
お楽しみに(^^♪


(★ジャケット写真:収録アルバム(except #4)『真ブルーノート入門・青春篇 1939-1957』TOCJ-66443/44)

スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン