A・O・R

A・O・R

パーソナリティ


ユキ・ラインハート

「仕事帰りの車の中で“お気に入りのコンピレーションCD”を聴く感覚で楽しみ、一日の疲れをクールダウンする番組。選曲は音楽ジャンルとしてではないアダルト・コンテンポラリー・サウンド、“AAA(トリプル・エー)”にこだわります。また、20時台はジャンルに特化。ロック、ジャズ&ボーカル、日本の歌謡史、ワールドミュージックを特集します!」

本日20時台Jazz& Vocal Nightはシナトラ他、ショー・ビジネス系ヴァーカル特集でした。

2018/12/11 (火)20:53
Today's Topic



今夜のJazz&Vocal Nightは明日がフランク・シナトラの誕生日なので、ショー・ビジネス系ヴォーカリストの特集です。

まずはそのシナトラ、1957年のヒット曲「オール・ザ・ウェイ」。(★ジャケット写真:収録アルバム『シナトラ・グレイテスト・ヒッツ』UICY-15385 ユニバーサル ミュージック)

次は同曲をブレンダー・リーも歌っています。(そしてブレンダ・リーは今日が74歳の誕生日。)そちらも併せてお届けいたしました。

3曲目はシナトラが作詞にも参加した「アイム・ア・フール・トゥ・ウォント・ユー」。
タイトルの意味は「君を欲しがるなんて僕はバカだね…」という切ない恋の歌ですね。

4曲目はシナトラが歌うビートルズの「イエスタデイ」。
ポールの父親がジャズ好きだったのは有名で、その影響もあってポールもジャズ・シンガーをプロデュースしたり、ジャズ・アルバムもリリースしていますね。

5曲目はポールも歌っていた「バイバイ・ブラックバード」をシナトラ・ファミリー(Rat Pack)のひとりだったディーン・マーティンのヴァージョンでお届けいたしました。

6曲目はシナトラ・ファミリーの現役、御年92歳のトニー・ベネットが今年新譜をリリースしていますね。そのアルバムからダイアナ・クラールとデュエットしている「ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ」を聞いていただきました。

7曲目はシナトラが歌う軽快な恋の歌「アイ・ゲット・ア・キック・アウト・オブ・ユー」。Kick out of you とは“君はいいね!”という意味です。

8曲目はシナトラともうひとり偉大なヴォーカリスト、ナット・キング・コール。曲は彼のジャズっぽいテイストのある「ルート66」でした。

最後はシナトラのデュエットを2曲。
まずはナット・キング・コールの娘、ナタリー・コールとのデュエット「私からは奪えない(They Can't Take That Away From Me)」ガーシュウィン兄弟の名曲。
続けて、あの名曲「ニューヨーク・ニューヨーク」はトニー・ベネットとのデュエットでした。


来週は『JAZZ LIFE』最新号から。
行方さんがご紹介しますー♪
スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン