A・O・R

A・O・R

パーソナリティ


ユキ・ラインハート

「仕事帰りの車の中で“お気に入りのコンピレーションCD”を聴く感覚で楽しみ、一日の疲れをクールダウンする番組。選曲は音楽ジャンルとしてではないアダルト・コンテンポラリー・サウンド、“AAA(トリプル・エー)”にこだわります。また、20時台はジャンルに特化。ロック、ジャズ&ボーカル、日本の歌謡史、ワールドミュージックを特集します!」

本日20時台Jazz& Vocal Nightは“ポール・マッカートニーのジャズ”特集。

2018/10/2 (火)20:48
Today's Topics



今夜はディスクユニオン坂本涼子さんをお迎えして、“ポール・マッカートニー・ジャズ”と題した楽曲をご紹介しました。
ポール・マッカートニーの楽曲とジャズのつながりを感じる楽曲の特集です。

まずは先月発売になったポールの新作『エジプト・ステーション』から「ハンド・イン・ハンド」を聞いていただきました。
(★ジャケット写真:収録アルバム『エジプト・ステーション』ユニバーサルミュージック UICC-10040)

2曲目はポールがファンだったというジャズ・ヴォーカリスト、ペギー・リーのために作った曲「レッツ・ラヴ」です。
この曲ではポール自らピアノを弾いてます。

3、4曲目はポールの“ジャズ・アルバム”『キッシズ・オン・ザ・ボトム』から続けて。
ポールオリジナルの「マイ・ヴァレンタイン」、そして1926年のポピュラー・ヒット「バイバイ・ブラックバード」でした。

5曲目からはジャズメンが演奏するポールの楽曲です。
まず、ドラマー、トニー・ウィリアムスが演奏する、ビートルズ『ホワイト・アルバム』収録の「ブラックバード」。
1986年に結成したクインテットの演奏です。

6曲目はサラ・ヴォーンが歌う「ミッシェル」です。途中歌詞がフランス語にもなってます。

7曲目はジョージ・ベンソンがジャズレーベルCTIに残した『ジ・アザー・サイド・オブ・アビイロード』から「ゴールデン・スランバーズ」からのメドレー「ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア―・マネー」でした。

8曲目はテナーサックス奏者スタンリー・タレンタインが1964年に演奏していた「キャント・バイ・ミー・ラヴ」(発売は1980年)。

最後はブラッド・メルドー自身が好きでカヴァーしたというポールの「アンド・アイ・ラヴ・ハー」でした。


来週はセロニアス・モンク101歳バースデー前日!
…ということでモンク特集です。

お楽しみに(^^♪

スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン