企業の遺伝子

企業の遺伝子

パーソナリティ


武田隆

知花くらら

全国に546万社以上あるとされる日本企業。その企業の数だけ理念があり、使命があり、人間ドラマがあります。この番組では、企業の経営者や社員の方をゲストに迎え、成長する企業のDNAを解明していきます。創業ストーリーやターニングポイント、時を経ても変わらないポリシーなど、そこにはどのような想いが込められているのでしょうか。また、音楽に精通した方に、ゲストのお話からイメージする音楽を選曲いただく「A Gene of Music」では、聴く人の心に残る一曲が遺伝子に彩りを添えます。

Vol.182 株式会社ベクトル 西江肇司さん・第1週目

2018/9/22 (土)11:00
 

今週は、株式会社ベクトル代表取締役、西江肇司さんをお迎えしています!



今回は、ベクトルの成り立ちについて伺いました。

ベクトルは業界最大手でここ10年ほどで毎年30%ほどの増収増益を記録して成長が止まらない注目のPR会社。

創業者である西江さんが大学時代に実業家を目指して起業したのがベクトルでした。創業した1993年といえばバブル後期のムードが漂いIT産業が到来する前夜。学生向けのパーティー会場を抑えるイベント事業やツアー事業、サークル雑誌の制作など多数のビジネスを手がけ、年間100本ものパーティーを運営する手腕を発揮していたといいます。

そんな中、現在のPR事業を始めるきっかけとなる、ある出来事が起こります。この苦い経験からPRの重要性に気がつき事業の舵を大きく切っていくことになったと言いますが、さて一体何が起こったのでしょうか。

そしてお話は、西江さんの幼少期にまで遡ります。「小さい頃は変わった子どもで」と語るそのエピソードに、知花さんも思わず驚ろきを隠せない様子。野球少年でファッション好きでチャイコフスキーに憧れる!?こうした原体験により幼少期から既にPRの有効性を感じていたのかもしれません。


今週のゲスト
西江肇司(にしえ・けいじ)さん
株式会社ベクトル 代表取締役社長
1968年生まれ、岡山県出身。大学在学中に起業し、1993年にベクトルを設立。2000年よりPR事業を中心とした体制に本格的に移行。独立系PR会社として業界トップレベルの地位にのぼりつめ、2012年に東証マザーズ上場、2014年に東証一部指定替え。現在、中国、香港、台湾、韓国、インドネシア、タイ、ベトナム、マレーシアなどに現地法人を設立。直近ではPRとアドテクノロジーを組み合わせた最新マーケティング手法を武器に、アパレル業界のファストファッションのように“LowCost”“HighQuality”なサービスを提供する「ファストコミュニケーションカンパニー」を目指している。「アジアNo.1のPRグループになる」ことを目標に掲げ、「いいモノを世の中に広め、人々を幸せに」という理念のもと、既存の事業にとどまらず、新たな事業の創出に挑戦している。著書『戦略PR代理店』(幻冬舎)、『モノの広め方』(アメーバブックス新社)など。


■A Gene of Music
このコーナーでは、音楽に精通した方にゲストのお話からイメージする4つの楽曲をセレクトしていただき、4週にわたって番組内で放送しています。

今週の選曲者
結城雅美(ゆうき・まさみ)さん

フリーランスの音楽ライター/構成作家/編集者。リクルートの海外旅行情報誌『ab-road』の編集を経て、雑誌『音楽と人』編集長、音楽サイト『Listen Japan』の編集長に就任。その後、フリーランスとして独立。編集・執筆で携わった書籍に、吉井和哉『吉十』、『THE YELLOW MONKEY DVD BOX』、及川光博『続・欲望図鑑』、『Hi-Bi(写真家・平間至&TOKYO No.1 SOUL SETのBIKKEのコラボ写真詩集)』、野宮真貴『ドレスコードのすすめ―おしゃれ手帖』など。

今回のゲスト企業から連想するテーマ
「株式会社ベクトル」と聞いて、選曲者の結城雅美さんは何をイメージされたのでしょうか? 選曲のテーマを教えていただきました。
結城さん:従来のPR手法に甘んじることなく、「戦略PR」という独自の手法で多くの企業の信頼を得られた、(株)ベクトルさん。「戦略PR」とは、時代と商品をつなぐためのPRの提案。CEOである西江肇司氏のインタビューを拝読すると、「時代の変化をキャッチし、即行動に移すこと」の大切さを強く語られていました。「変化をおそれない」、それこそがベクトルさんの最大の武器であると考え、ずばり、<変化>をキーワードに選曲をしてみました。

結城さんが選ぶ今週の1曲
David Bowie「Changes」(1971)
結城さん:音楽界で常に時代を先取りしながら、変化し続けた人といえば、やはりデヴィッド・ボウイ。グラム・ロック、ソウル・ミュージック、デジタル・ロック……と音楽性もさることながら、そのファッションやヘアスタイルも千変万化。いつだって新しい、真の革命家でもありました。その彼がまさに「変化」を歌った、1971年の「チェンジス」。ここで彼は「変化だ/奇妙なもの、不可解なものにこそ目を向けろ/さざ波は変化し続ける、熱い流れ」という鋭いメッセージを残しています。


■放送局、放送時間情報
ショートver.(5分番組)
Date fm(FM仙台) 毎週土曜 7:55 / FM青森 毎週土曜 19:55 / FM秋田 毎週土曜 19:55 / RADIO BERRY(FM栃木) 毎週日曜 13:55 / FM-NIIGATA(FM新潟) 毎週土曜 6:55 / FM福井 毎週土曜 19:55 / FM GIFU(FM岐阜) 毎週日曜 7:55 / e-radio(FM滋賀) 毎週土曜 19:55 / FM山陰 毎週土曜 19:55 / FM山口 毎週土曜 19:55 / FM岡山 毎週土曜 19:55 / FM香川 毎週土曜 19:55  / FM徳島 毎週土曜 19:55 / FM大分 毎週日曜 7:25 / FM宮崎 毎週日曜 15:55 / FM Okinawa 毎週土曜 19:55 

ロングver.(15分番組)
FM岩手 毎週金曜 10:40 / FM群馬 毎週金曜 19:15 / 広島FM 毎週金曜 5:30~5:45 / FMK(FM熊本) 毎週日曜 9:30

*1 臨時ニュース対応などで変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
詳しくはお聴きいただいているFM放送局のタイムテーブルをご確認いただくか、もしくはFM放送局までお問い合わせください。

*2 ラジオ端末をお持ちでない方はスマートフォンアプリ「radiko」、およびPodcastで聴取可能です。

*3 放送エリア以外の方はスマートフォンアプリの有料サービス「radiko(プレミアム会員)」「ドコデモFM」「WIZ RADIO」を使ってネット局で聴取可能です。
スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン