「坂崎さんの番組」という番組

「坂崎さんの番組」という番組

パーソナリティ


坂崎幸之助

THE ALFEEの坂崎幸之助がパーソナリティ。メインとなる音楽コーナーでは様々な音楽ジャンルの“通”である彼が毎回テーマに沿った音楽特集を届ける。また、幅広い交友関係からゲストを招くこともある。

『坂番洋楽データファイル(略してSYDF)』第167回

2018/9/17 (月)21:05
坂崎幸之助が独断と偏見で気になるアーティストを50音順に紹介している
≪坂番洋楽データファイル≫(略してSYDF)今回は「ヒ」の付くアーティスト22回目。


↑ ↑ ホントはS社のα7RⅢですが、
 カメラ好きは、αと言えばMINOLTAなのだ。

「ヒ」で始まるアーティスト22回目、ビートルズの13回目です。
今回はアルバム『レット・イット・ビー』。

★1969年1月から、デビュー時のように、一発録りを基本にした
レコーディング(通称「ゲット・バック・セッション」)と
その模様をとらえた(劇場公開用としては3作目となる)
ドキュメンタリー映画(『レット・イット・ビー』)の撮影をスタート。
最初はアルバム名も『ゲット・バック』としてリリース予定でしたが
映画の編集などに手間取り、最終的には発売中止に。
この「ゲット・バック・セッション」のマスターテープを、
ジョンの要望でフィル・スペクターが再プロデュース。
(ストリングスやコーラスなどをオーバーダビング)
そして1970年5月13日アメリカ・ニューヨークで、
5月20日イギリス・リバプールで、日本では8月25日に
映画『レット・イット・ビー』が公開されています。
その映画公開前(1970年5月8日)に発売されたのが
アルバム『レット・イット・ビー』。
全英チャート8週連続1位。全米では4週連続1位を記録しました。

♪トゥ・オブ・アス(Two of Us)
  *ポールの作品でリードボーカルもポールが担当。
   ポール曰く「リンダとの当てのないドライブをモチーフに作った曲」
   だそうです。
♪ディグ・ア・ポニー(Dig a Pony)
  *ジョンの作品でボーカルもジョン。
  *アップルのビルの屋上で行われた通称「ルーフトップ・
   コンサート」での音源を使用。
  *冒頭の"All I Want Is You" のポールとジョージのコーラスを
   フィル・スペクターがカット。
♪アクロス・ザ・ユニバース(Across the Universe)
  *ジョンの作品でボーカルもジョン。
  *フィル・スペクターは、オリジナルテイクのテンポを落として
   オーケストラを加えポールのコーラスをカット。
♪アイ・ミー・マイン(I Me Mine)
  *ジョージの作品でボーカルもジョージ。ハーモニーはポール。
  *フィル・スペクターはオリジナルテイクに編集で
   リピートを加えオーケストラをオーバーダビング。
♪ディグ・イット(Dig It)
  *メンバー4人のジャム・セッションによる作品。
♪レット・イット・ビー(Let It Be)
  *ポールの作品でボーカルもポール。
   アルバムに先駆けてシングルとしてもリリース。
   オルガンはビリー・プレストン。
  *フィル・スペクターはアルバム用にリミックス。
   リードギターとドラムスを差し替え、最後の部分のリピートを
   加えています。
♪マギー・メイ(Maggie Mae)
  *トラディショナル・ソングで、
   ボーカル&ギターはジョンとポール。
♪アイヴ・ガッタ・フィーリング(I've Got a Feeling)
  *前半はポールが作りボーカルを担当。
   前半と同じコード進行で、ジョンが後半を作って歌い、
   最終部分は2人が、それぞれのメロディで同時に歌うという形。
  *オルガンはビリー・プレストン。
♪ワン・アフター・090(One After 909)
  *ジョンの作品で、リードボーカルはジョンとポール。
  *ジョンがクォーリーメン時代にポールの家で作った
   初期のオリジナル作品。
   1963年「フロム・ミー・トゥ・ユー」のレコーディングセッションでも
   録音されています。
♪ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
(The Long and Winding Road)
  *ポールの作品でボーカルもポール。
   ピアノの弾き語りで録音。そのためベースはジョンが担当。
   フィル・スペクターがオリジナルにオーケストラとコーラスを
   オーバーダビング。
♪フォー・ユー・ブルー(For You Blue)
  *ジョージの作品で、アコギとボーカルはジョージ。
   印象的なスライドギターはジョンが担当。ピアノはポール。
♪ゲット・バック(Get Back)
  *ポールの作品でリードボーカルもポール。
   オルガンはビリー・プレストン。
  *19枚目のシングルとして、アルバムに先立ちリリース、
   全英・全米ともに1位獲得。  
★1970年5月8日に『レット・イット・ビー』が発売される約1ヶ月前
の4月10日、イギリス最大の発行部数を誇る大衆誌『デイリー・
ミラー』の一面トップでポールの「ビートルズ脱退」が報じられました。
ポールの声明文「僕は再びビートルズと共にレコーディングを
したり、ステージや映画に出演する気はない。」
このポールの脱退宣言=ビートルズ解散とされています。

:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:
次の更新はネット局すべてのOA終了後
9月24日(月)21時以降となります。
:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:
スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン