A・O・R

A・O・R

パーソナリティ


ユキ・ラインハート

「仕事帰りの車の中で“お気に入りのコンピレーションCD”を聴く感覚で楽しみ、一日の疲れをクールダウンする番組。選曲は音楽ジャンルとしてではないアダルト・コンテンポラリー・サウンド、“AAA(トリプル・エー)”にこだわります。また、20時台はジャンルに特化。ロック、ジャズ&ボーカル、日本の歌謡史、ワールドミュージックを特集します!」

本日の20時台 JAZZ&VOCAL NIGHTは『JAZZ 批評』最新号特集です~。

2018/9/4 (火)20:52
Today's Topics



隔月発売『ジャズ批評』最新号(8月24日発売)掲載“今こそ聴きたいボサノヴァの名曲”特集です。
ゲストMCはジャズ批評編集部、星向紀さん。

1、2曲目はややテーマから外れ、『ジャズ批評』創刊者でもあった松坂妃呂子氏を追悼したナンバーをご紹介。
松坂氏が『ジャズ批評』創刊前に経営していたジャズ喫茶の名前だったマイルス・デイヴィスの「オレオ」、
そして彼女が生前好きだったバド・パウエルの「クレオパトラの夢」でした。

3曲目は今夜のテーマ“ボサノヴァの名曲”を。
まず、一番最初に思い出すのはこの曲ですね「イパネマの娘」。
名盤『ゲッツ/ジルベルト』から、スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルトの演奏でした。

4曲目も誰もが知るボサノヴァの名曲「波 wave」です。
5曲目もアントニオ・カルロス・ジョビンの演奏で続けて「ハウ・インセシティヴ」(パット・メセニーとの共演)を聞いていただきました。
これはジョビン本人が歌っています。(ジャケット写真:「ハウ・インセンシティヴ」収録アルバム『ジャズ・マスターズに捧ぐ~ヴァーヴ50周年記念カーネギーホール・コンサート・ライヴ』1994年録音 ユニバーサル ミュージックPOCJ-1228)

続いてはキャノンボール・アダレイのオリジナル・ナンバー「サンバップ」。
サンバとビパップを併せたアップテンポなボサノヴァ名曲の1つです。

次はアストラッド・ジルベルトと「サマー・サンバ」をヒットさせたワルター・ワンダレイの共演、曲は「グッバイ・サッドネス」。
明るい曲ですが、“悲しみよ去ってくれ、喜びのある生活に戻りたい”という内容です。

最後も1曲、松坂氏追悼の曲でおしまいです。
“どんなに年を重ねても君を愛し続けるよ”という歌詞の曲「タイム・アフター・タイム』演奏はジョン・コルトレーンでした。


来週は爽やかな秋のJAZZ曲特集です。
お楽しみに(^^♪
スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン