A・O・R

A・O・R

パーソナリティ


ユキ・ラインハート

「仕事帰りの車の中で“お気に入りのコンピレーションCD”を聴く感覚で楽しみ、一日の疲れをクールダウンする番組。選曲は音楽ジャンルとしてではないアダルト・コンテンポラリー・サウンド、“AAA(トリプル・エー)”にこだわります。また、20時台はジャンルに特化。ロック、ジャズ&ボーカル、日本の歌謡史、ワールドミュージックを特集します!」

本日の20時台 JAZZ&VOCAL NIGHTは『JAZZ LIFE』最新号特集です~。

2018/8/14 (火)20:54
Today's Topic



今日の20時台Jazz&Vocal Nightは毎月恒例『JAZZ LIFE』最新号を本誌ライターでもある早田和音さんをゲストMCにお迎えして特集しました。

まず、1曲目は表紙の桑原あい、2012年メジャーデビュー、注目の若手ジャズピアニストです。
来週最新作『トゥ・ジ・エンド・オブ・ジス・ワールド』をリリース、今回は名義を“ザ・プロジェクト”としメンバーに鳥越啓介(b)千住宗臣(ds)、織原良次(b)山田玲(ds)という2組のリズム・セクションを迎えています。
曲は「ジ・エラー」織原良次(b)山田玲(ds)のリズムセクションと米のサックス奏者ベン・ウェンデルとの共演です。
(★ジャケット写真:収録アルバム『トゥ・ジ・エンド・オブ・ジス・ワールド』ユニバーサル ミュージック UCCJ-2159)

次は20年ぶりにリーダー・アルバムを発表するリッキー・ピーターソンの新作『ドロップ・ショット』こちらのアルバムはWDRビックバンドとの共演作です。
リッキー・ピーターソンがこれまでに共演したミュージシャンはビリー・ジョエル、ジェームス・テイラー、ボズ・スキャッグスなどなど…プロデューサー、アレンジャーとしても活躍しています。
お届けした曲はアルバムタイトル『ドロップ・ショット』でした。


続いてはスタンリー・クラーク。先月発売された『ザ・メッセージ』ではLAの若手音楽家集団“ウェスト・コースト・ゲット・ダウン”のメンバーを起用。
曲は「ザ・レジェント・オブ・ジ・アッバース・アンド・ザ・セイクリッド・タリスマン」でした。

お次は様々なベースを弾きこなすベテラン奏者、ブライアン・ブロンバーグ。19歳にスタン・ゲッツのバンドに起用されてデビュー、これまでに20枚以上のアルバムをリリースしています。
先週リリースされた最新作『シッカー・ザン・ウォーター』から亡きジョージ・デュークの最後の演奏かもしれない共演作「アーハー」を聞いていただきました。

そして、ここで日本の若手をご紹介、シンガー・ソングライター滝沢望、“褐色の声を持つ奇才”と呼ばれています。
6月にリリースしたデビュー・アルバム『NOZOMI』からスタンダード・ナンバーをボサ・ノヴァ風にアレンジした「ボディ&ソウル」でした。

続きましてジャズ史に名を残す偉大なピアニスト、エロール・ガーナー。
未発表音源を多く収録されたライヴ・アルバム『ナイトコンサート 1964.11.7』が先週リリース。1964年、オランダのロイヤル・コンセルトヘボウで録音されたものです。
曲はチャーリー・パーカー、クリフォード・ブラウンの名演も有名な「ローラ」でした。

最後の曲は現在92歳のルー・ドナルドソン。最新号『JAZZ LIFE』で楽譜紹介している曲「コンファメーション」です。
収録アルバムは1959年の『LD+3』でルー本人、プラス彼のピアノトリオ“ザ・スリー・サウンズ”の意味です。

来週は夏のボサノヴァ&クール・ジャズ特集です。
お楽しみに(^^♪

スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン