FUTURES

FUTURES

パーソナリティ


落合陽一

松田卓也

川島さわか

大前創希

蒲田健

金子達仁

中島岳志

前田塁

今村文彦(東北大学教授)

瀬尾傑

超高速通信時代に向けて、日常にある様々なサービスが変化、そして進化していく中で、その先を常に考え、その波に乗っている未来人が集結。
それぞれの専門分野での未来の話、「その先の話」をリスナーにお届けする。

FUTURES ラジオ版学問ノススメ 蒲田健の収録後記

2018/6/11 (月)17:57
ゲスト:文月悠光(詩人)

臆病だけれどもそれだけではなくなった

文月悠光さんの最新刊「臆病な詩人、街へ出る。」

史上最年少で中原中也賞を受賞した女子高校生は、年を経てやがて大学生になり卒業した。華々しいデビュー以来、周りの期待に応えなければというプレッシャーの中、彼女は色々なことに対し臆病になり、一歩踏み出せない状態となる。そんな中、編集者との話で、一歩踏み出せないことに対する挑戦をエッセイとして連載しないかという提案がなされる。一歩踏み出せなかった事柄の中には、“近所の八百屋で買い物をする”“TSUTAYAでレンタルをする”などといった、人によっては取るに足らないと思えるようなものも含まれる。だが文月さんにとっては紛れもない挑戦であり、冒険であるのだ。

怖いものが全くない者は存在しない(仮に存在するとしたら、怖いもの知らずの果てに、より強き者によって、早晩滅んでしまうであろう)。それと同じ文脈で、全てのものが怖いという究極の臆病者も現実的ではないだろう。全ての者は、究極の怖いもの知らずと究極の臆病者の間のグラデーションの中にいるはずである。そのあわいは十人十色、百人百様であるが、少なくとも自らの臆病さを自覚しそれに対するアクションを起こすことによって、対自分比で変容は起こる。文月さんはそのアクション、そしてそれを書き留めてエッセイとして発表する、ということを通して、人はグラデーションの中を様々に動きうるものなのだということを教えてくれる。

さあ、2年ほどの連載で、文月さんはどう変容したのか。文筆を生業とする者の矜持も滲み出てくる冒険譚は、一人の人間の成長物語でもある。

「臆病で あると自ら 知ることが
           成長せしむる種となる」


P.S.「言葉を使って、別の言葉を解きほぐしたい」という旨の発言がありました。まさにこれぞ言葉を紡ぐ職人の言。
スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン