MY OLYMPIC

MY OLYMPIC

パーソナリティ


荒川静香

高橋尚子

トップアスリートたちが出演! 日本各地で開催される競技会などを通して、かつての名選手から将来有望なオリンピック代表選手のタマゴまで選手を紹介。

自分の限界を突破するときは楽しんでいるときだ!

2018/5/11 (金)19:00
5月7日~5月11日OA
LS北見サードを務めた
吉田知那美選手インタビュー

◆私たちのチームは、オリンピックが全てではなく、シーズンを通して、これも一つの成長の通過点というふうに準備してきました。
いよいよというよりもようやくだなという感じです。

◆オリンピックについて

そうですね、私にとっては2回目。
初めて入場した時や氷に上がった時は、テレビで見ていたものとテレビの中に入って戦うのはこんなにも違うんだなという感覚がありました。

◆オリンピックと他の大会との違い

チームジャパンとして戦うので、他の大会以上にいろいろと感じることがあります。
カーリングは、どのチームが勝ってもおかしくないと言われていて、
強さを持っているチームがどれだけ良いパフォーマンスをできるかが勝敗につながると思います。
私たちもいつも通りの笑顔と成長していく気持ちを氷の上で表現していきたいです。

◆笑顔の理由

以前教えてもらったのですが、
自分の最高のパフォーマンス、限界を突破するときは、自分たちが夢中になっているときや成長を楽しんでいる時にそういう事が起こると聞きました。
自分たちで限界を決めず、自分たちのパフォーマンスを楽しんでいくことを心がけたいという思いから、そういう風になっているのかなと思います。

◆笑顔の目標

オリンピックに出る、全チーム。
3位で良いとか2位で良いとかではなく、必ず1位だったり、
表彰台の真ん中を目指して、取り組んでるチームが殆どだと思います。
私たちも、もちろんそうなのですが、それは目標ではなく結果なので、私たちの目標は、私たち史上最高のパフォーマンスをオリンピックで更新すること。それだけです。

◆プレイオフが見えて来るに近づいて、考えてはいけないと思いながらも、前回大会を超えなければいけないという自分へのプレッシャーだったりとか、色んなことを考えてしまいました。
私のパフォーマンスがあまりよくありませんでした。
自分の事を信じられなくなった時がありましたが、チームを信じるという気持ちがあり、ここに立っていることができました。
(本橋選手に誘われて、チームに参加させてもらい、)ここに来るまでの過程が本当に宝物です。

◆3位が決定した瞬間は、勝ったのが信じられず。
会場に来てくれていた人たちが、私たちと同じかそれ以上に涙をながしてくれていて、私たち、本当にメダルを取ったんだと思いました。
今シーズン、怪我だったり、そういう部分に悩まされた所もありました。
しかし、まりちゃん(本橋選手)がいたから、彼女も一緒に一投一投投げている気持ちでプレイをしていました。
このメダルは、4人ではなく5人で獲得した物です。
まりちゃん(本橋選手)の為に頑張ろうと思っていました。
スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン