「坂崎さんの番組」という番組

「坂崎さんの番組」という番組

パーソナリティ


坂崎幸之助

THE ALFEEの坂崎幸之助がパーソナリティ。メインとなる音楽コーナーでは様々な音楽ジャンルの“通”である彼が毎回テーマに沿った音楽特集を届ける。また、幅広い交友関係からゲストを招くこともある。

『坂番洋楽データファイル(略してSYDF)』第153回

2018/1/22 (月)21:05
気になるアーティストを50音順に、坂崎幸之助が独断と偏見で
紹介している≪坂番洋楽データファイル≫(略してSYDF)
今回は「ヒ」の付くアーティスト8回目。ビーチ・ボーイズ特集の後編です。


 ↑ ↑ iPhoneⅩで顔認証中!

『ビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)』*後編*
★1966年、アルバム『ペット・サウンズ』を発表したビーチ・ボーイズ。
しかし、アルバムは一般的には評価されず、ブライアン・ウィルソンは
ドラッグやアルコールに依存する日々に…。
それに伴い【ビーチ・ボーイズ】は1960年代終わりから
1970年代中頃まで低迷を極めます。
そして、グループ結成15年目となる節目の年となる1976年、
体調がやや復調したブライアン・ウィルソンは、久しぶりにアルバムをプロデュース。
そのアルバムタイトルが『偉大なる15年(15 Big Ones)』。
(内容はカバー9曲+新曲7曲=15曲)
オリジナルメンバー 5人が11年ぶりに顔を揃えたこのアルバムからの
1stシングルはチャック・ベリーのカバーでした。
  ♪ロックン・ロール・ミュージック(Rock And Roll Music)
   *1976年・全米5位まで上昇

★この『偉大なる15年(15 Big Ones)』が、そこそこの成功を収め
復活の兆しもあったのですが、ブライアン・ウィルソンの体調は回復せず、
再び【ビーチ・ボーイズ】は低迷期に突入。
そんな中、ブライアンは音楽的にも信頼できる「ブルース・ジョンストン」を
プロデューサー兼メンバーとして迎え1979年に制作したのが
『L.A.(ライト・アルバム)』。
ここから1stシングルとして発表されたのは、
1967年のアルバム『ワイルド・ハニー』収録の「ヒア・カムズ・ザ・ナイト」を、
ディスコ風に焼き直ししたバージョンでした。
  ♪ヒア・カムズ・ザ・ナイト(Here Comes The Night)
★ちなみに、この『L.A.(ライト・アルバム)』には、
メンバーそれぞれが作った個性豊かな楽曲が収められ、
中でも、マイク・ラヴが作った曲は日本でのみシングルカットされました。
  ♪想い出のスマハマ(Sumahama)
   *マイク・ラヴによると『昔、恋人だった女性の名前が
   「スマコ」さんで、その「スマコ」さんが5歳まで住んでいたのが
   神戸の“須磨”だったので、この曲を作った』・・・ということです。

★さて、1981年、世界では「スターズ・オン45」が大流行。
これはオランダで企画された音楽プロジェクトがビートルズ、
アバ、スティーヴィー・ワンダー、ローリング・ストーンズなどのヒット曲を
ディスコ・メドレーしたもの。
中でも、ビートルズものの「ショッキング☆ビートルズ」は
1981年に全米ナンバーワンを獲得。
この流行に乗ったレコード会社によって、
オリジナル音源を元にしたメドレー物が多数作られました。
もちろん【ビーチ・ボーイズ】も、
レコード会社によって編集されたメドレーものがリリース。
  ♪ビーチ・ボーイズ・メドレー(The Beach Boys Medley)
   *1981年・全米12位。

★そして、1983年12月28日。
ウィルソン3兄弟の次男デニスが不慮の事故で亡くなります(享年39歳)。
そんな苦難を乗り越えようと、1985年に5年ぶりとなるオリジナルアルバム
『ザ・ビーチ・ボーイズ '85(The Beach Boys)』を発表。
その中からのシングルは久々のビーチ・ボーイズ・サウンドで、
ファンには大いに受け入れられました。
  ♪ゲッチャ・バック(Getcha Back)
    *1985年・全米26位。   
★このアルバム『ザ・ビーチ・ボーイズ '85(The Beach Boys)』以後、
ライアンは、マイク・ラヴとの共作をやめます。
そこでマイク・ラヴは、ドリス・デイの息子でサーフィン音楽の数々を制作&
プロデュースしてきた「テリー・メルチャー」をパートナーに数々の曲を作ります。
そして、1988年に最大のヒットとなる曲を発表!
「グッド・ヴァイブレーション」以来、22年ぶりとなる全米ナンバーワンを獲得!
  ♪ココモ(Kokomo)
   *トム・クルーズ主演の映画『カクテル』の
    サントラのために作られた曲。 
   *ブライアン・ウィルソンはこの曲には不参加。
   *この曲の作者には、“マイク・ラヴ”“テリー・メルチャー”の他に、
    「花のサンフランシスコ」でおなじみ“スコット・マッケンジー”、
   ママス&パパスの“ジョン・フィリップス”の名前もクレジットされています。

★3回に渡ってお送りしたきたビーチ・ボーイズ特集。
最後は、2012年デビュー50周年記念盤
『ゴッド・メイド・ザ・ラジオ~神の創りしラジオ~
(That's Why God Made The Radio) 』からのシングル曲を。
  ♪ゴッド・メイド・ザ・ラジオ~神の創りしラジオ~
   *2012年アルバムが全米3位を記録。
**********************************************************
≪お知らせ≫
●FM三重でお聴きの皆様へ
2018年1月より放送日時が変更となっています。
1月からは毎週(土)19時からの放送です。ご注意下さい。
:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:
次の更新はネット局すべてのOA終了後
1月29日(月)21時以降となります。
:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:
スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン