MY OLYMPIC

MY OLYMPIC

パーソナリティ


荒川静香

トップアスリートたちが出演! 日本各地で開催される競技会などを通して、かつての名選手から将来有望なオリンピック代表選手のタマゴまで選手を紹介。

求む!持久力のある中高生!2020年東京オリンピックに間に合うかも!?

2018/1/5 (金)19:00
今週は、2000年シドニーオリンピックボート日本代表 長谷 等さんと
2008年北京オリンピック競泳日本代表 柴田 隆一さんにお話を伺いました!

①2000年シドニーオリンピックボート日本代表 長谷 等さん

◆ボートの魅力は?

ボートの魅力は、非日常的で漕いでいて気持ちが良いです。
ただ、競技は本当にキツイです。
そのキツさを乗り越えられたら選手としてとっても強くなります。
シドニーオリンピックでは、6位に入り、当時の目標は決勝に残る事でした。

◆1996年アトランタオリンピックと2000年のシドニーオリンピックの2大会に出場されましたが、今はどういう活動をされていますか?

現在は、日本ボート協会でタレント発掘事業と指導者育成委員会に所属しています。
ボートは、アトランタオリンピックから軽量級が導入されたのですが、それまでは、体格の大きいヨーロッパの選手たちが活躍をしていました。
軽量級が導入されて、やっと日本の選手も平等に戦えるようになりました。
シドニーでは、決勝にいけるよう一生懸命頑張りました。

現在、日本のチームは、当時シドニーオリンピック軽量級の金メダリストがコーチとして指導しているので、世界選手権でも決勝に進んでいるので確実に成長をしています。

◆ボート協会ではどういう選手を求めていますか?

スポーツ庁長官の言葉をよく借りているのですが、男の子では、甲子園のアルプススタンドにいて、ベンチ入りできないけど持久力や体力があり、ボートならできるかも!?という子にチャレンジしてもらいたいです。

◆中高生はどのようにアプローチすれば良いですか?

日本体育協会のライジングスタープロジェクトに関わっているのですが、是非ホームページを見て、チャレンジできそうであれば申込んでください!
※今年度の募集は終了しています。

②2008年北京オリンピック競泳日本代表 柴田 隆一さん

◆現在は、管理栄養士である、柴田さんにバランスの良い食事について伺いました。

スポーツをした後は、基本的に身体が疲労していて、エネルギー源が尽きているので、使った分を補充してあげなければいけません。
そのため、ご飯を食べる事が大事です。
あとは、トレーニングをしたら筋肉もボロボロになっているので、それを修復するためにはタンパク源のお肉とお魚や卵を食べる必要があります。
ただ、それだけではダメで、野菜に含まれているビタミンも食べないとうまく活用しません。
だから、結局はバランス良い食事が大事になってきます。

◆現役時代に気をつけていた事は?

競泳トレーニングは本当にハードで疲労が激しいです。
常にしっかり食べ、回復につとめる事を意識していました。
また、トレーナーの所へ頻繁に通い、夜は寝る前に必ずストレッチをしてから寝ていました。
疲労を残さないようにケアをしていました。
高校の時にこういうケアについて指導してもらい、良かったと思っています。

検索カテゴリ

JFN PARK 番組一覧
スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン