MY OLYMPIC

MY OLYMPIC

パーソナリティ


荒川静香

高橋尚子

トップアスリートたちが出演! 日本各地で開催される競技会などを通して、かつての名選手から将来有望なオリンピック代表選手のタマゴまで選手を紹介。

2020年東京オリンピックに向けて人工コースが整備されるカヌースラローム

2017/12/1 (金)17:25
今週は、2008年北京オリンピックに出場した日本カヌースラローム選手竹下 百合子さんとリオオリンピックに出場したボクシングライト級の成松 大介さんにお話を伺いました。


◆日本と海外のコースに違いはありますか?

日本には、まだ、カヌースラローム用の人工コースがなく、自然の川で練習をしています。
ヨーロッパは、W杯やオリンピックでも普通に人工コースが主流になっています。
競技場の違いに最初は戸惑いました。
人工コースは、同じ水量なのでやりやすいです。
観客席もスタートからゴールまで見られて面白いと思います。

◆北京オリンピックで4位入賞した時のことについて伺いました。

ロンドンオリンピックを最終目標にして、調整をしていたので、北京では4位入賞には本当に驚きました。
それまで上位に入ったことがなくて、自分自身に驚きました。
ただ、徐々にメダルと4位の差について悔しさが増してきて、
昨年リオオリンピックの同じ競技で羽田選手が3位になって、また、悔しさが出てきました。
注目度の違いを再確認しました。
ただ、4位に入って注目はしてもらえたのはよかったと思います。

◆日本には人工コースがなく、海外との差について伺いました。

環境だけが原因ではないと思いますが、自分が競技者としては、国内に人工コースができるということで、期待と感謝はしています。
2020年のオリンピックに向けて、日本でも人工コースができるので、それ以降は普通に選手も人工コースで練習ができると思うと嬉しいです。

◆カヌースラロームの魅力は?

普通の人はカヌーに触れる機会がない中、それができて感謝しています。またやめたあとでも、カヌーを通して楽しめるのもわかっているし、競技を通じていろいろな国に行けて、いろいろな体験ができてよかったです。

◇リオオリンピックボクシングライト級成松 大介選手にお話を伺いました。

◆今まで、ボクシングでオリンピックメダルを取っている日本人選手がいなかったので、ロンドンで二人もメダルを取ったのを非常に勇気をもらいました。

リオでは僕もメダルを取る思いで、挑戦しましたが残念ながら取ることができませんでした。
ただ、まだ自分は世界に通用すると思ったのは確かなので、これからも頑張りたいと思います。

◆ボクシングの魅力は?

純粋に自分は楽しいから続けています。
勝つも負けるも自分の力なので、自分の努力次第で上にいけるので、どんどん強くなっていく自分を感じるのが楽しいです。

◆今後の意気込みを教えてください。

2020年は、自分の国でオリンピックが開催されるので、日本中の方がこれまで以上に注目してくれると思うので、地元で応援してくれている方々に恩返しをしたいと思っています。
スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン