MY OLYMPIC

MY OLYMPIC

パーソナリティ


荒川静香

トップアスリートたちが出演! 日本各地で開催される競技会などを通して、かつての名選手から将来有望なオリンピック代表選手のタマゴまで選手を紹介。

まだ飛べる身体があるのであれば、大好きな棒高跳を続けていきたい!

2017/11/3 (金)21:00
【後編】今週は、アテネ、北京とリオオリンピックに出場した日本代表男子棒高跳澤野大地選手にお話を伺いました。

◆オリンピックについて

大学入学し、2年生の時にシドニーに行きたいと思い、5m50cmとんだんですが、当時の通過ラインが5m60cmだったんです。
そして、予選では5m45cmしか飛べず、オリンピックへの思いが足りなかったのかなと思いました。

そこで、2004年のアテネでは絶対に行きたいという思いがすごく強くなった時でした。

◆大学2年生の時にオリンピック出場を逃してからは、怪我などに悩まされたそうですね。

大学4年の日本選手権の直前に肉離れをして、無理矢理出場して、記録なしをやってしまったんです。

でも、そのあとのアジア選手権で代表に選んでいただいたんです。
当時のコーチに入っていた先生が澤野には経験が大事だという事で選んでいただきました。
ここで僕は絶対に結果を出さないと選んだ方にも申し訳ないし、
私が選ばれたことによって選出から落ちた方もいるのでその選手にも申し訳ないという気持ちでいっぱいでした。
だから、アジア選手権では何が何でも優勝しようと思いました。
大学4年の夏にいろんな事を変えて、アジア選手権に挑んで優勝できました。そこからいろいろと変わっていきました。

◆アテネオリンピックはいかがでしたか?

アジア選手権で優勝してからは、成績も順調でアテネオリンピックに出場することができました。
そして、24年ぶりに日本の選手として決勝に出られました。
ただし、その時のコンディションは、予選中に足をつったりして、決勝に進出したけれど、もう体力の限界でした。
金メダルを争っている2人を見ていると、彼らの中に私なんか見えてないんだろうな。
同じ決勝を戦っているはずなのに対等に戦えていないことに気付きました。
これはもっと頑張らないといけないと思い、でもこれは練習なのか何なのか悩みました。

◆20代後半で迎えた北京オリンピックはいかがでしたか?

この時は、活躍している大先輩に後押しされました。
36歳で朝原さんがメダルを獲得したのを目の当たりにして、自分もまだいけると思いました。

※澤野選手の北京オリンピックの結果は、予選敗退でした。

◆2012年にオリンピックを逃し、2016年のリオに対してはどういう気持ちでしたか?

ロンドンオリンピックを逃した瞬間に、2016年のリオは現実的かどうか考えました。
でも、小学校からオリンピックに出ることが夢で、それに出ないで引退する事が考えられなかったんです。
次はリオだなという気持ちにすぐ切り替えられました。

※8年ぶりのリオオリンピックで、澤野選手は日本の歴史に名を残す結果を出してくれました。

◆35歳という年齢で3度目のオリンピックでやっと入賞していかがでしたか?

あのリオの結果は、これまで応援してくれていた人たちが本当に喜んでくれて、それを見て自分も本当に嬉しかったです。
幸せでした。
この幸せをもう少し味わいたいとも思いました。
まだ、飛べる身体があるのであれば、大好きな棒高跳びを続けていきたいなと思いました。
私が続けている事によって若い選手たちに何かを伝えられて行ければいいなと思いました。

◆2020年の東京オリンピックはいかがですか?

東京目指しますって胸を張って言えたらすごくかっこいいんですけど、今の所まだそこはぼんやりとしか見据えていません。

1年1年身体がやはり変わっているので、そこをうまく消化しながら長くても2020年までなのでやっぱりそこを最終的に目指していけたらいいのかなという思いはあります。

検索カテゴリ

JFN PARK 番組一覧
アプリJFN PARKなら布袋寅泰のオリジナル配信番組が今だけ聞ける!! 今すぐダウンロード!!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン