MY OLYMPIC

MY OLYMPIC

パーソナリティ


荒川静香

トップアスリートたちが出演! 日本各地で開催される競技会などを通して、かつての名選手から将来有望なオリンピック代表選手のタマゴまで選手を紹介。

今週は、プロフィギュアスケーターの鈴木明子さんにお話を伺いました。

2017/10/13 (金)18:00
鈴木明子さん
愛知県出身
プロフィギュアスケーター
振付師
バンクーバーオリンピックとソチオリンピックに出場

◆スケートを始めたきっかけはなんでしたか?

家の近くにリンクがあったのがきっかけで始めました。
一年でそのリンクは閉鎖されましたが、既にスケートにのめりこんでいた為、プロ選手になりたいと思い、名古屋まで1時間かけて通いました。当時の名古屋はスケートが非常に盛んで、コーチもたくさんいたので、自然と続けられていました。

◆6歳で始められたスケートの魅力はなんでしたか?

あまり覚えていませんが、氷の上で滑っているのが好きでした。
上達は早くなかったです。
また、ずばぬけてうまくもなかったです。
才能はなかったと思います。
ただ、氷を滑っていると気持ちが良くて、歩くより早いので、風を感じられることや表現する事が芸術性があって好きでした。
自分の気持ちが出せる場所でした。

◆バンクーバー・ソチに出場されましたが、オリンピックを意識したのはいつ頃ですか?

一番のターニングポイントは全日本ジュニアで成績を残すことができて、全日本選手権に出られた時です。当時の全日本選手権はソルトレイクの代表選でもあり、先輩方と同じ試合に出て、間近で代表選を見ることができて、すごいと思いました。
そこでは予期せぬ失敗や、その怖さを感じることができて、自分もこういう戦いをするのは4年後なのかなと少し感じました。

◆あせりを感じましたか?

どんどんスケートの技術的のレベルが上がっていって、焦りを感じました。また、下から安藤美姫さんや浅田真央さんが来ていたので、高校時代が一番焦りを感じていました。

◆フィギュアスケートとオリンピックへの思いについて教えてください。

フィギュアスケートは好きで、辞めたいとは思いませんでした。
オリンピックに出たいというよりは、自分のスケートを多くの人に見てもらうにはどうしたらいいかを考え、やはり最高峰のオリンピックなのかなと思い、オリンピック出場を目標に目指しました。
最高でも3枠しかない枠の中にどうしたら入れるのかを日々考えて、自分は技術的な部分が弱かったので、その部分を強化してくれる先生につきました。

(※次週に続く)

検索カテゴリ

JFN PARK 番組一覧
スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン