simple style -オヒルノオト-

simple style -オヒルノオト-

パーソナリティ


華恵

リアド慈英蘭

晴れたお昼時、お弁当を持って、ちょっと会社を抜け出し、外で日向ぼっこ。
携帯でラジオを聴きながら、こころは日常からちょっと離れて旅気分。
雨の日、あいにく外出できないのでムシャクシャ。雨を見ながら、仲間と談笑。
携帯でラジオを聴きながら、「この曲はなんだ?このモノはなんだ?」と検索。
やっぱり、こころは日常からちょっと逸脱。
この番組では、そんなあなたの好奇心・冒険心に火をともす「お昼」を演出します。

8月30日(水)灯台の魅力とは?

2017/8/30 (水)13:22
〜ゲストは、灯台女子・不動まゆうさん〜

今日お迎えしたのは、不動まゆうさん

灯台の魅力を伝えるフリーペーパー「灯台どうだい?」や、
著書「灯台はそそる」(光文社新書)を発表。
「灯台」の文化的価値を訴え、100年後の海にも美しい灯台を
残すことを目指してアピールを続けていらっしゃいます。

そんな、不動さんがオススメする日本の灯台!

================

1.青森県 <鮫角灯台> 
青森県八戸駅から車で3~40分ほど。
週末や祝日には登ることができる。
展示室があり、灯台のレンズや電球などレアなお宝を見学可能。
八戸線も見える。
尻屋埼灯台に行くのもおすすめ!

2.広島県 <大浜埼灯台
しまなみ海道因島インターチェンジから約10分。
小型の灯台だけど、石造りで白亜の姿が美しい。
また昔の潮流信号所など航路標識に関する展示物も多い。
中に入ることはできないけれど、見どころがたくさん。
瀬戸内海に浮かぶ数々の島の灯台めぐりを計画するのも熱い!

3.山口県 <角島灯台
下関市の角島の西側に建っている灯台。
橋が架かっているので車でいくことができる。
スコットランド人の設計による灯台で
無塗装の灯台なので御影石の風合いも美しい。
また、第一等レンズが入っていることもおすすめ。
(マニア垂涎の初点当時からのオリジナル8面レンズ!)
この角島灯台は日本を代表する灯台で、年間を通じて中に入って登ることも可能。

4.石川県 <禄剛埼灯台
能登半島の先端に建つ灯台。
第2等不動レンズが美しい。
周囲は広い草原となっていて明け方も、夕暮れの点灯時もお昼間も、
どの時間も魅力的。

5.高知県 <室戸岬灯台
第一等閃光レンズが大迫力の灯台。
暗弧がないのでレンズを堪能できる。
日本でもっとも光達距離が長く約49㎞を誇る。
ただ、車で行くのにちょっと時間がかかる。

◆灯台どうだい?
https://toudaifreepaper.jimdo.com

検索カテゴリ

スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン