ラジオ版 学問ノススメ

ラジオ版 学問ノススメ

ラジオ版 学問ノススメ

世の中をもっと楽しく生きていくために、あなたの人生を豊かにするために、知の冒険に出掛けよう!学校では教えてくれない、でも授業より楽しく学べるラジオ版課外授業プログラム。各分野に精通するエキスパートをゲストに迎えて、疑問・難問を楽しく、わかりやすく解説していく。

蒲田健の放送後記

2017/3/19 (日)09:16
番組MCの蒲田健による放送後記
今回は作家、俳優の山下澄人さん

そもそも事実ってなんだろう?

山下澄人さんの最新刊、第156回芥川賞受賞作「しんせかい」。

山下さんが二期生として過ごした富良野塾での生活が下敷きになっていると
「思われる」作品。
実際、主人公である山下スミトは船に乗って北の大地に渡り
「谷」にある演劇人養成施設で様々な経験をする。
これは山下さんのプロフィールとイコールといっても差し支えないだろう。
出てくる人物、場所、事象などは事実なのかもしれない。

だがそれらが事実である、とどうして断言できるのだろう?

記憶というもののあやふやさ。思い出すことの出来るものと出来ないものには
境目があるのか。思い出すことが出来たとして
それが事実であることを担保するものは存在しうるのか?

様々なことを想起させる作品である。

著者自身が、これが果たして小説といえるのか確信が持てないという作品。
それが小説最高の賞の一つといえる芥川賞が授けられるということ自体に
小説というフォーマットの懐の深さを感じる、という山下さんの言葉が含蓄深い。


「ここまでに やってきたこと あるけれど
         それ本当に やってきたこと?」


P.S. わたし、山下さんとは同じ1966年の早生まれ
19才のときに北海道で新しい生活をスタートさせたという共通項があります。
同じ船に乗り合わせていた可能性すらあります。
でもそれ、どこまで「事実」なのかなあ?

検索カテゴリ

スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FMぐんま
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン