杏子のSpice of Life

杏子のSpice of Life

パーソナリティ


杏子

アーティストとして輝き続ける杏子が、美しい生き方、考え方、言葉、視線の先を探っていきます。
「美しさの記憶に残る一滴(ヒト・モノ・コト)は何ですか」
仕事もプライベートも、もっと楽しく、美しく、輝きへと導くヒントの提案です。

2017.2.1~ 「日本中の女性に告ぐ!赤リップをせよ!」

2017/2/1 (水)00:00
第123回
ゲストは、メイクアップアーティスト、
TAKAKOさんです。
http://ameblo.jp/takako-ameblo/



18歳より、ロンドン、ニューヨークで
ヘアメイクアップアーティストとして活躍。
帰国後は、音楽業界をはじめ、
雑誌、テレビ、CMなどで数多くの著名人の
ヘア&メイクを手掛けていらっしゃいます。

10代でロンドンで筆を握ってから30年になり、
美の集大成本『TAKAKO THE BEAUTY BOOK』を
発売されました。なんと帯は、安倍昭恵さん!
「もともと、小泉総理の時代から、やらせていただいて。
 疲れてても、疲れてるって見せちゃダメなんですよね。
 トップを行く人は、常にいいコンディションで、
 いい状態っていう風に人にプレゼンしていかないと。」
男の人だから化粧しない、と時代は終わり、
目の下のクマを無くし自己管理能力をアピールしたり、
勢いを感じる眉を描くなど、会社のトップたちも気をつけているそう。

TAKAKOさんは、
”空気のメイキャップアーティスト”と呼ばれています。
「カメラの前とかステージに立つ前に、
 モチベーションを上げて、見えない部分、
 心もメイクアップするんですね。
 どれだけ自分がいいコンディションで
 どれだけ気分が良いかで、すべて決まるじゃないですか。」

美の集大成本『TAKAKO THE BEAUTY BOOK』の
TAKAKOさんのメイクが映えるスタイリングを担当したのは、
デザイナー:丸山敬太さん。
「クラシックなメイクが好きなんですね。
 1930年から、1960年までの、女性がガーリーで、
 エレガントで、チャーミングな時代。
 つけまつげや、アイラインとかでピシっと決めて、
 赤いリップをバン!とつけたりする、感じ。
 それがベースにあって、今風に変えていくっていう。」
日本人に赤いリップは難しい、というのは、思い込みだ!とTAKAKOさん。
本来、日本では、紅は赤の時代があったのだから、
日本人は、DNA的にも、絶対赤いリップメイクは似合うはずだ!とのこと。

著書の中には、アンナさんとの対談も入っています。
「アンナちゃん、最初会った時、
 ”顔が濃いから、私ブルーのシャドーが似合わないから”って
 言ってたんです。
 でも、ブルーのシャドーしたら、ブルー似合うじゃんって(笑)
 今では、ブルーのシャドー1番好きだって!
 やっぱり、自分の顔って、自分じゃ分かんないから、自分なのよ。
 新しい色とか、自分が似合わないと思っているメイクをやってほしいのよね」

黒い服を着ることの多い日本中の女性に、
赤いリップをして、元気でセクシーになってほしい!!!とも。


M1. Forever Young / 竹原ピストル
M2. 陽の当たる大通り / Pizzicato Five
M3. You On My Mind / Swing Out Sister

検索カテゴリ

スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン