【終了番組】ラジオ版 学問ノススメ

【終了番組】ラジオ版 学問ノススメ

パーソナリティ


蒲田健

世の中をもっと楽しく生きていくために、あなたの人生を豊かにするために、知の冒険に出掛けよう!学校では教えてくれない、でも授業より楽しく学べるラジオ版課外授業プログラム。各分野に精通するエキスパートをゲストに迎えて、疑問・難問を楽しく、わかりやすく解説していく。

蒲田健の放送後記

2016/11/27 (日)09:24
番組MCの蒲田健による放送後記
今回はの羽田圭介さん。

そもそも「生きて」いるとは何なのか?

羽田圭介さんの最新刊「コンテクスト・オブ・ザ・デッド」

芥川賞受賞後、満を持して上梓した長編は、ゾンビが跋扈するクライム小説。
なんだ手垢のついた単純なホラーストーリーか、と思うなかれ。
中身は死んでしまっているのに体は動いているというゾンビは
様々なメタファーとなっているのだ。

重要なキーワードが、タイトルにもなっている“コンテクスト”。
コンテクストとは明文化されていないにもかかわらず
読み手側が類推し感じ取る“文脈”。

日本はハイコンテクスト文化であるといわれる。
社会の中に様々な了解事項=お約束が偏在し、言わずともわかる
察することでコミュニケーションが円滑化される。効率的ではある。
しかしそれが常態化すると、空気を読むことが前提となり
考えを異にする者には同調圧力が加えられる。
「正しい」ことよりも「多数派」でいることの方が優先される傾向になる。
思考は画一化され多様性は失われてゆく。行き過ぎたハイコンテクスト文化は
全体主義的危険度が高いともいえる。

その危険性を回避するためには、過度に文脈に乗らないこと
たとえ乗っていたとしてもそのことに自覚的であることが肝要だ。

あなたは本当に「生きて」いますか?


“自らが 立つ位置 自覚してますか?
        知らずに流されているかもよ“


P.S.
言いたいこと、やりたいことを貫く、それが本当の意味で「生きて」いく上での
突破口になるのかなということ、そしてそれが自分にとっては何なのだろうと
深く自問させられました。
スマホで楽しめる JFN PARKアプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • FM栃木
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • @FM(FM AICHI)
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM OH! (FM OSAKA)
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン